上野動物園や東京国立博物館などの“共通パスポート” - 国立西洋美術館の世界遺産登録記念デザイン

写真拡大

上野地区の文化施設を網羅した共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」が2016年8月15日(月)に、国立西洋美術館や東京国立博物館、国立科学博物館などで発売される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「UENO WELCOME PASSPORT」は、国立西洋美術館、東京国立博物館、国立科学博物館、上野動物園、下町風俗資料館、旧岩崎邸庭園、東京都美術館、朝倉彫塑館、書道博物館の9施設の常設展等に、利用期間中各1回入場できるチケット。東京藝術大学大学美術館、東京文化会館、国立国会図書館国際子ども図書館、上野の森美術館、国立近現代建築資料館の5館では、パスポート持参者にポストカードが配布される。

通常は全施設を回ると入場料は合計で4,770円(常設展等)になるところ、「UENO WELCOME PASSPORT」を利用すれば半額以下。建築家ル・コルビュジエが日本で唯一設計し、先日世界文化遺産に登録された国立西洋美術館など、日本が誇る文化施設を網羅できる。

利用期間は、2016年8月15日(月)から2017年1月31日(火)まで。常設展以外にも期間中に、注目の展覧会が多数開催される。夏休みから始まり、芸術の秋、冬休み、年末年始にわたり「文化の街、上野」を満喫してみては。

【概要】
UENO WELCOME PASSPORT -上野地区文化施設共通入場券-
販売および利用期間:2016年8月15日(月)〜2017年1月31日(火)
価格:2,000円(税込)
販売場所:
・チケット窓口
国立西洋美術館、東京国立博物館、国立科学博物館、上野動物園、下町風俗資料館、朝倉彫塑館、書道博物館、東京藝術大学大学美術館
・店舗等での販売
東京都美術館ミュージアムショップ、東京藝術大学大学美術館ミュージアムショップ、エキュート上野、松坂屋上野店、上野マルイ、浅草文化観光センター、東京観光情報センター(都庁第一本庁舎1階)ほか
・インターネット販売
上野「文化の杜」ポータルサイト内
※旧岩崎邸庭園、東京文化会館、上野の森美術館、国立国会図書館国際子ども図書館、国立近現代建築資料館での販売は行っていない。

■利用対象施設:いずれも期間中、各1回の利用
・常設展および総合文化展への入場
国立西洋美術館、東京国立博物館、国立科学博物館
・入館および入園
上野動物園、旧岩崎邸庭園、下町風俗資料館、朝倉彫塑館、書道博物館
・指定の特別展に入場
東京都美術館 以下のどちらか1回
「木々との対話 ─ 再生をめぐる5つの風景」2016年7月26日〜10月2日
「TOKYO 書 2017 公募団体の今」2017年1月4日〜1月15日
・指定の特別展に100円引きで各1回入場
国立西洋美術館、国立科学博物館、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館
・持参者にポストカードをプレゼント
東京藝術大学大学美術館、東京文化会館、国立国会図書館国際子ども図書館、上野の森美術館、国立近現代建築資料館

■期間中開催の特別展
・東京国立博物館
「古代ギリシャ ―時空を超えた旅―」2016年6月21日(火)〜9月19日(月・祝)
・国立西洋美術館
「聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画」2016年7月9日(土)〜9月19日(月・祝)
「クラーナハ展―500年後の誘惑」2016年10月15日(土)〜2017年1月15日(日)
・国立科学博物館
「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」2016年11月1日(火)〜2017年2月19日(日)
「海のハンター展 ―恵み豊かな地球の未来―」2016年7月8日(金)〜10月2日(日)
・東京都美術館
「ゴッホとゴーギャン展」2016年10月8日(土)〜12月18日(日)