19日、靖国神社に爆発物を置いたとして起訴された韓国人の被告に実刑が言い渡されたと複数の韓国メディアが速報で伝えた。写真は靖国神社。

写真拡大

2016年7月19日、東京都千代田区の靖国神社に爆発物を置いたとして起訴された韓国人の被告に実刑が言い渡されたと、聯合ニュースなど複数の韓国メディアが速報で伝えた。

東京地裁はこの日開かれた判決公判で、全昶漢(チョン・チャンハン)被告に懲役4年を言い渡した。全被告は靖国神社境内に金属パイプに詰めた火薬に点火する装置を設置し、トイレの天井などを損壊したとして建造物損壊や火薬取締法違反などの容疑で起訴された。検察側は今月12日に開かれた公判で、被告の行為を「テロ行為」と表現し懲役5年を求刑していた。

全被告は昨年11月23日、靖国神社境内の公衆トイレに火薬を詰めた発火装置を設置、一度韓国に帰国していたが、12月9日に日本に再入国し羽田空港で警察に逮捕された。

判決を受け韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられているが、実刑を言い渡された全被告に同情する声は多くないようだ。

「こんなことして日本が怖がるとでも思ったのか?鼻で笑われるだけだよ」
「本当におかしな男だ。自分がやったくせになぜまた日本に捕まりに行ったんだろう?まともじゃないね」
「これは駄目だ。かばいようがない」
「少女像(慰安婦像)に悪さをしたやつも召喚して罰を受けさせろ」

「注目されたかったんだろうけど、どうせやるならちゃんとやらないと。よりにもよってトイレだなんて…いろいろ情けない」
「別に神社を爆破したわけじゃない。トイレで実験したんだろう」
「韓国政府は何をしてる?自国民を守れずに国家と言えるのか?」
「韓国から差し入れや弁護士は送ったのかな…」

「トイレにしろどこにしろ、自衛隊の記念行事にお祝いしに行った国防部の間抜けたちよりはるかに愛国者だよ」
「トイレのぼやで懲役4年を下す日本人って…」
「日本をものすごく憎んでいるくせに、現実は『ポケモンGO』に夢中の韓国人たち。偽善は韓国人の特技だからな」(翻訳・編集/吉金)