赤プリ跡地の新ホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」は″天空のオアシス″を体現

写真拡大

 プリンスホテルが、グランドプリンスホテル赤坂跡地に建設された複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」内に入居する新ホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の内部を、7月27日のオープンに先駆けて公開した。インテリアはロックウェルグループヨーロッパが日本のホテルで初めてデザイン。総客室数は同社が運営する都内のホテルでは最も少ない250室で、1室を広く設け「天空のオアシス」のような快適な時間を過ごせるよう徹底したという。 旧赤プリ跡地の新ホテルは"天空のオアシス"の画像を拡大

 「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」は、「東京ガーデンテラス紀尾井町」の上層階となる30階から36階まで計7フロアで構成。客室は1室42〜148平方メートルと広く設計したほか、一面ガラス張りの窓を額縁に見立て、デザインコンセプトでもある「Levitation(浮揚感)」や「西洋の美」を体感できる空間に仕上げた。「スイート」「グランドデラックス」「クラブフロア」「デラックス」の4カテゴリーをそろえ、宿泊費は1泊6万円〜59万円。客室のほか、バーやレストラン、クラブラウンジ、コスメブランド「スイス・パーフェクション(SWISS PERFECTION)」の国内初となるサロンなどを配置し、トータルで「和のおもてなし」を提供する。主なターゲット層は欧米の感度の高いビジネス客。スターウッドホテル&リゾート ワールドワイドと提携し、最高級カテゴリー「ラグジュアリーコレクション」に加盟したことで、これまで取り込めなかった客層を獲得する狙いだ。運営ホテルの改装を推進しているプリンスホテルの武井久昌専務執行役員は、同ホテルの開業を機に「ブランドイメージを高めたい」と述べている。 「旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館」として親しまれていた洋館は、「赤坂プリンス クラシックハウス」として一新。1930年竣工当時の資料を元に主要部分を復元し、都内では貴重な西洋建築物として継承していく。レストラン「ラ メゾン キオイ(La Maison Kioi)」や赤坂プリンスホテルの営業時以来の復活となる「バー ナポレオン(Bar Napoleon)」に加え、現代のニーズに応えるためバンケットを増築し、ウエディング需要に対応する。 「東京ガーデンテラス紀尾井町」にはこのほか、飲食店やオフィスが入居。施設周辺は緑化率45%の緑豊かな空間を創出し、また名和晃平や大巻伸嗣らが制作したパブリックアートを配置して街に彩りを添える。■ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町開業日:2016年7月27日(水)所在地:東京都千代田区紀尾井町1-2延床面積:オフィス・ホテル棟(30〜36階)28,700平方メートル     赤坂プリンス クラシックハウス 3,007平方メートル施設:・オフィス・ホテル棟:客室(250室)、レストラン・バー(4施設)、スパ&フィットネスなど・赤坂プリンス クラシックハウス:レストラン・バー(3施設)、バンケット(※2分割可)、小部屋(12室)、多目的ホールなど宿泊予約:電話(03-3234-1111)/ホームページ(プリンスホテル/ラグジュアリーコレクション)公式サイト