写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクグループは7月19日、韓国電力公社(KEPCO)とモンゴル国のNewcomとともに、太陽光発電と風力発電を中心とした自然エネルギー事業に取り組んでいくことと発表した。

今回3社は、モンゴル国内における自然エネルギープロジェクトの開発と投資を目的とした覚書を、7月18日にモンゴル国ウランバートル市で締結。ソフトバンクグループは同覚書に基づき、KEPCOおよびNewcomと協力し、モンゴル国において自然エネルギー事業に取り組み、アジアにおける自然エネルギーの普及を加速していきたい考えだ。

(周藤瞳美)