18日、中国メディアの紅網が、駅のホームで痰吐きする男性に対してとった驚きの行動について伝える記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

写真拡大

2016年7月18日、中国メディアの紅網が、駅のホームで痰吐きする男性に対してとった驚きの行動について伝える記事を掲載した。

【その他の写真】

17日午後、湖南省湘潭駅のホームで列車待ちをしていた譚(タン)さんが、突然何者かに後ろから押されてホーム下に突き落とされた。幸い、譚さんはすぐによけて大事には至らなかった。突き落とした男性はすぐに警察に拘束されたが、突き落とした理由について、譚さんが「何度も痰吐きをしていたことに我慢がならなかったから」と話しているという。譚さんは、もう二度と痰吐きはしないと語った。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「故意の殺人と公徳心がないのは別の次元の話だろ」
「痰吐きを止めさせるのは構わないが、命を奪う権利まではない」

「これは殺人未遂だ。弁解の余地はない」
「我慢ならないからといって人を殺してもいいのかよ」

「このニュースにコメントするのは難しいなあ」
「もう二度と痰吐きはしないという言葉は信用できる」

「これは明らかに間違っているが…でもよくやった!」
「非常に危険なことではあるが、効果は抜群だな」

「これはいくら何でもやりすぎだ。でも効果はあったようだな」
「これがつまり義和団や紅衛兵のやり方」(翻訳・編集/山中)