ハサミで切っても表示し続けるディスプレイが登場、色の変わる衣服や建物の窓などへの応用に期待

写真拡大

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)における樋口昌芳氏らの研究グループは、ハサミで好きな形に切り取れるシート状のディスプレイを開発しました。衣服や建物などに張り付けるなど、さまざまな用途での利用が可能になるとしています。現在主に使われている液晶や有機ELディスプレイは周囲を封止する必要があるうえ、電気を流し続けて表示を保持するという仕組みから、ディスプレイ完成後に切り取る加工を施すことは困難としていました。

今回開発したディスプレイは、エレクトロクロミック特性を持つ有機/金属ハイブリッドポリマーを使うことで、自由な形に切り取っても表示が可能。このポリマーはスプレーでコートすることでフレキシブル基板上にきれいに製膜でき、湿気や酸素に対する高い安定性も備えています。表示を変えるには電気を数秒流すだけ。電源を切っても表示が保持されるため、電源ユニットを取り外して使えます。

今後は、ディスプレイの大面積化と多色化により、乗り物や建物の窓や外装・内装、傘やサングラスなど、さまざまなものの色を自由に変えたり、必要に応じて文字や記号を表示する「色の着替えを楽しむ新しいライフスタイル」を提案する予定としています。