氷室京介の歴史に残る“LAST GIGS”ファイナルの東京ドーム公演の模様をオンエア!

写真拡大

7月23日(土)夜8時よりWOWOWプライムで、「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜LAST GIGS AT TOKYO DOME〜」を放送。ことし4〜5月にかけて行われた氷室京介のファイナルツアーの中から最終日、歴史に残るライブ=“GIG”となった5月23日の東京ドーム公演の模様を放送する。

【写真を見る】氷室京介“LAST GIGS”ツアーファイナルの東京ドーム公演の様子

デビュー以来、圧倒的な存在感で音楽シーンに多大な影響を与えてきた氷室京介。社会現象を巻き起こしたBOOWYでの活動、新たな音楽表現に挑み続けたソロ活動。デビューから35年間、彼は常に時代の先駆者だった。そんな氷室が、'14年にライブ活動無期限休止宣言をし、日本中に衝撃を与えた。

それから1年9カ月。30万人以上を動員するファイナルツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」が4大ドームで開催された。そして迎えた最終日の5月23日、“KING OF ROCK”氷室のラストステージには、5万5000人を超える大観衆が詰め掛けた。

特別な緊張感がざわつきと交わり、東京ドームの空間を包む。定刻を過ぎ場内が暗転し、異様な熱気の中で歓声がこだまする。大型ビジョンに映し出される「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」の文字。場内の悲鳴の様な歓声の中、氷室は叫ぶ。

「最後の夜だぜ! 騒ごうぜ!」

1曲目、「DREAMIN'」のイントロが響き渡ると会場のボルテージはすでに最高潮。「RUNAWAY TRAIN」「TO THE HIGHWAY」「BABY ACTION」。BOOWYのナンバーが立て続けに披露される。「今夜のライブの意味は、説明しなくても分かると思う」氷室の言葉に全員が絶叫で応える。

続いて、「LOVER'S DAY」「CLOUDY HEART」と、自らの心情を吐露する様なバラードを優しく力強く歌う。「喋りではなく、歌で伝えてきた」という氷室の神髄ともいえる、魂を込めた熱唱が続く。

ライブは中盤から後半に差し掛かり、氷室が35年間かけて構築した鉄壁のビート系の楽曲が次々と披露され、氷室と思いを一つにするように、観客全員が共に歌い叫ぶ。氷室もマイクを客席に向けて煽る。本編のラストを飾ったのはソロデビュー曲「ANGEL」。不器用なまでに武骨な氷室の生きざまに、5万5000人が大合唱で呼応する。

アンコールの1曲目、「THE SUN ALSO RISES」の厳かな歌に、観客は立ち尽くす。そして、キャリアを代表するシングルナンバー「JELOUSYを眠らせて」「VIRGIN BEAT」「SUMMER GAME」と続いていく。熱狂と感動、氷室に同期し爆発する会場の熱量。それこそが氷室のステージの醍醐味(だいごみ)だ。

「今夜は死ぬまで終わんねえぞ!」

アンコールで氷室は叫んだ。その言葉通り、35年間のライブ活動を締めくくるにふさわしい渾身(こんしん)のステージ。ソロアーティストとして、計12回の東京ドーム公演は前人未踏の記録。

7月23日、氷室が完全燃焼したファイナルステージをオンエアで追体験できる。また、このライブ放送日の昼0時30分より同チャンネルで「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜HISTORY OF BOOWY TO KYOSUKE HIMURO〜」、続く昼4時30分から「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜25TH ANNIVERSARY PROGRAM RE-EDITED VERSION〜」、夜6時30分から「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜DOCUMENT OF LAST GIGS〜」を連続放送する。

いずれも氷室の35年の歴史を振り返る貴重な映像満載だ。氷室京介×WOWOWのスペシャルな一日は永久保存必至だ。