18日、人民網によると、京都市がこのほど発表したデータで、2015年の同市の外国人宿泊客数が316万人となり、3年連続で過去最多を更新した。写真は祇園祭。

写真拡大

2016年7月18日、人民網によると、京都市がこのほど発表したデータで、15年の同市の外国人宿泊客数が316万人となり、3年連続で過去最多を更新。前年(183万人)から72.7%の大幅増となった。

同市は2020年までに外国人宿泊客数を300万人にするとの目標を掲げていたが、5年前倒しで達成した。国・地域別では、台湾の観光客が70万人で最多。中国本土の観光客も65万人に達した。(翻訳・編集/北田)