【B.A.P】メンバーご機嫌! “FEEL SO GOOD”な取材こぼれ話をチェック【動画】

写真拡大

今年2月より、16か国を巡る4大陸ツアーを行っていたB.A.Pが、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR AWAKE!!」のファイナル公演日の7月13日に、5th 日本シングル『FEEL SO GOOD』JAPANESE Ver.をリリース。

【画像】B.A.Pの写真を見る

3月に発売された日本初アルバム『Best. Absolute. Perfect』のリード曲『KINGDOM』や、昨年再始動後の初の韓国ミニアルバムのリード曲『Young, Wild & Free』が、B.A.Pの真骨頂を発揮する力強い楽曲だったとすれば、『FEEL SO GOOD』は、B.A.Pサウンドに新風をもたらした一曲。

明るいビートと胸を弾ませるポップ性がミックスされた清涼感あふれるナンバーで、メンバーたちも、「とにかく気分が盛り上がる楽しい曲です。韓国では春に発売されましたが、夏にもぴったりの曲だと思います」(ジョンアプ)、「JAPANESE Ver.のミュージックビデオでは、“ギリギリ届かない”ことを表現している部分など、パフォーマンスの肝となるダンスにも注目してもらいたいです!」(ZELO)と、オススメポイントを口に。

7月22日発売の本誌では、楽曲の魅力についてはもちろん、タイトルの“FEEL SO GOOD”にちなんだ質問をしているほか、「夏といえば?」というお題で、お絵描きもしてもらっています。夏休みの課題ばりに(!)本気モードでひたすら描き続けていた力作は、見逃し厳禁。取材後も自主的居残りで絵を完成させていたメンバーは誰!? こちらの正解もぜひ、確認してみてください! 

曲のイメージと合った元気なポーズのリクエストを受けて、無理矢理テンションを上げようと頑張って撮影していた健気なグラビア写真も必見です(笑)。

WEB韓流ぴあでは、なぜ今B.A.Pが新しい音楽性にチャレンジしたのか、そしてカップリングの日本オリジナルの2曲について訊きました!

――『FEEL SO GOOD』は、韓国で発売されたミニアルバム『CARNIVAL』のリード曲です。リーダーのバン・ヨングクさんは作詞作曲に参加していますが、昨年発売されたB.A.Pのことを歌ったというアルバム『MATRIX』とは全くイメージの異なる『CARNIVAL』を作った理由は?

バン・ヨングク「ライブの内容をより充実させ豊かにしたいという思いもありました。これまで僕たちが歌ってこなかったタイプの明るい曲を集めたアルバムを作れば、ライブの構成の中に新しいパートができるので。これまで試みなかったことに新しく挑戦したという点でも、B.A.Pにとって意味深い作品です。

『FEEL SO GOOD』は、過去のどのシングルとも違うイメージの歌なので、BABY(B.A.Pのファン)はもちろん、僕たちのことを知らない日本の皆さんにも気に入っていただけるんじゃないかと思います」

――B.A.Pとしては新しいタイプの音楽を取り入れてワールドツアーを回ってみて、ファン皆さんの反応はどうですか?

ヒムチャン「ノリのいい楽しい曲が増えたので、ライブ中の反応が以前に増して大きく、アツくなった気がします。会場が一体となって一緒に盛り上がる機会が増えてうれしいです!」

――カップリング曲『FREAKY SOUND』『GOOD TIME』は、日本オリジナルですよね。

デヒョン「『FREAKY SOUND』はパーティーソングで、聞くと間違いなく元気がでる曲です!」

バン・ヨングク「『実は『MATRIX』を作っていたときに作業していたんですが、僕たちには合わない気がして一度手放した歌なんです。それが巡り巡ってまた僕たちのところに戻ってきて、今回のニューシングルに収録されたんですよ(笑)。なんだかすごく不思議に感じました』

ヨンジェ「投げたものが戻ってきた、ブーメラン曲です! 『GOOD TIME』は、日本1stアルバム『Best. Absolute. Perfect』に収録されていた『BACK IN TIME』に続くTIMEシリーズとなっております(笑)。ぜひ、2曲合わせて聞いてくださいね!」

そんな不思議な縁を感じる曲をメンバーたちは、リード曲の『FEEL SO GOOD』と同じくらいお気に入りのようで、インタビュー前にも口ずさんでいました。取材中はメンバーたちの鼻歌ならぬ、ガチ歌がスタジオのあちこちから聞こえてきたり、少し離れたところでデヒョンが動画撮影のために歌っていると、「今の『FEEL SO GOOD〜♪』の歌い方、気合入りすぎだね(笑)」(ヒムチャン)とお互いの行動を気にかけたり。

インタビューからはもちろん、そんな撮影風景からも、メンバーたちの仲の良さや、現在の活動の充実ぶりがうかがえました!

B.A.Pの爆笑インタビューと元気いっぱいのグラビアは、雑誌『韓流ぴあ 8月号』(7月22日発売)をチェックしてくださいね! “夏休みの宿題”も必見ですよ〜