写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは7月19日、AI(Artificial Intelligence:人工知能)活用を支援するコンサルティングサービス「AIディスカバリープログラム」の販売を開始した。

同社は同日、AI技術群のブランド名称として「NEC the WISE」を発表。同サービスは、「NEC the WISE」を適用した事業ビジョン・コンセプトの企画、AI活用シナリオの検討、アクションプランの策定、実現性検証などを行うもの。

AI活用で目指す事業ビジョン・コンセプトの企画については、AIの活用事例やデモンストレーション、同社のコンサルタントとデザインセンターに所属するビジネスデザイナーによる共創型ワークショップを活用して、支援する。

また、同社のコンサルタントやデータサイエンティストが、顧客の事業における活用目的を踏まえ、適用領域の課題抽出、AI活用シナリオの検討、組織・人材・IT基盤等の提言事項なども含めたアクションプランの策定を行う。

AI活用シナリオ検討を実施した顧客については、シナリオごとに必要となる「データ」「技術」「ビジネス」の3つの観点から実現性の検証を行う。

あわせて、500プロジェクト以上のAI適用実績を基に、AIの豊富な適用実績を基にした「業種・テーマ別AI活用テンプレート」を整備する。同テンプレートを利用することで、従来3カ月以上かかっていたAI活用の検討を最短で1カ月に短縮できるという。

テンプレートは第1弾として、顧客ニーズの高い4業種「製造」「エネルギー」「交通」「金融」、4テーマ「顧客エンゲージメント強化」「業務自動化・効率化」「リスク回避」「コスト削減」から適用を開始し、順次拡張する予定。