18日、台湾の人気タレント、亮哲がこのほど、日本と台湾の免税店員の接客態度を比較し、台湾に失望したとする文章を自身のフェイスブックに投稿し、物議を醸している。写真は成田空港の免税店。

写真拡大

2016年7月18日、台湾の人気タレント、亮哲がこのほど、日本と台湾の免税店員の接客態度を比較し、台湾に失望したとする文章を自身のフェイスブックに投稿し、物議を醸している。中時電子報が伝えた。

亮哲は、休暇先の日本から台湾の空港へ戻ったが、友人へのお土産を忘れていたことに気付き、免税店を訪れた。だが店員らは、亮哲が店内に入ったことを確認しながら接客する様子もなく、お互いに世間話ばかりしていたという。

亮哲は「2時間40分前の日本の空港免税店での体験を思い出さずにはいられない」とした上で、「別に自分のことをお客様扱いしてほしいということではない。台湾の接客態度はあまりに劣っている。台湾に失望しないためには、もう日本へ行く回数を減らすしかない」と複雑な心境を明かした。(翻訳・編集/柳川)