元なでしこジャパンの澤穂希さんが妊娠…来年1月に出産予定

写真拡大

▽2015年限りで現役を引退した元なでしこジャパンの澤穂希(37)さんが19日、自身が妊娠したことを所属事務所を通じて発表した。

▽澤さんは、2015年8月にベガルタ仙台の強化部長を務める辻上裕章氏(39)と結婚。現役時代には、2011年のドイツ女子ワールドカップでなでしこジャパンを優勝に導き、大会最優秀選手と得点王を受賞。同年には男女通じてアジア人として初めてFIFA最優秀選手賞も受賞していた。

▽日テレ・ベレーザやINAC神戸レオネッサなど国内でプレーしたほか、アメリカでもプレー経験がある。なでしこジャパンとしては通算205試合に出場し、男女通じて同国歴代最多となる83ゴールを記録していた。澤さんは「お世話になっておりますみなさまへ」と題し、妊娠のコメントを発表している。

「この度、主人と私の念願であった新しい命を授かることができました。来年の1月には、わが家にもう一人家族が加わることになることを私たち夫婦はとても幸せに思います」

「安定期に入りましたので、喜びとともにみなさまにご報告いたします。主人や私を産み、育てていただいた両家の両親をはじめ、今回の新しい命の奇跡に感謝の気持ちでいっぱいです。今後は穏やかに過ごしつつ、出産に向けて慎重に心と体の準備をしていきたいと思います」

「日ごろから応援してくださっている方々、仕事関係でお世話になっている方々に何かとご迷惑をおかけいたしますが、温かく見守っていただけますよう心からお願い申し上げます」