スマホより軽いアルミボディで持ち運びしやすい

写真拡大

パソコン(PC)周辺機器などを扱うアイ・オー・データ機器(金沢市)は、ポータブルSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)「SDPX-USC」シリーズを2016年7月下旬に発売する。

転送速度がUSB 2.0の約20倍だという10Gbps(規格値)の最新規格「USB 3.1 Gen2」に対応。大容量の動画コンテンツのコピーやバックアップの作業時間を大幅に削減できる。ボディに高精細な超薄型アルミパネルを採用、一般的なスマートフォンより軽い約100グラムを実現し、持ち運びにも適する。

USB Type-CとUSB A、2本のケーブルが付属し、Type-Cコネクター搭載のPCだけでなく、従来のAコネクター搭載PCでも利用可能だ。ACアダプター不要のバスパワー駆動。対応OSはWindows 10/8.1/8/7、Mac OS X 10.9〜10.11。Mac OS Xに搭載されているバックアップ機能「Time Machine」も利用できる。

価格は、容量240GBモデルが1万9900円(税別)、480GBモデルが3万1000円(同)。