「ジェラトーニ・ワゴン」がお披露目 (C)oricon ME inc.

写真拡大

 人気キャラクターのジェラトーニをモチーフにしたラッピングカー「ジェラトーニ・ワゴン」が19日、東京ディズニーシー(TDS)で初公開。ミッキーマウスやダッフィーなどもかけつけ、華々しくお披露目式が行われた。ジェラトーニのふわふわしたボディを再現したワゴンは、2014年に登場した「ダッフィー・バス」に続き、人気となりそうだ。

【写真】ミッキーシェイプの肉球もかわいらしい後ろ姿

 2014年にダッフィーの友だちとして誕生したネコの男の子・ジェラトーニ。今年1月には初めてショーに登場するなど注目を集めてきたが、今度はラッピングカーとなって登場。同ワゴンは約半年の開発期間を経て完成した。「ジェラトーニの魅力を感じていただけるよう、車の形状をつくり上げることに苦労しました」(オリエンタルランド・以下同)という車体には、前面にエメラルド色の瞳がかわいらしいジェラトーニの顔が施され、後部には長いしっぽが。しっぽの横には、ミッキーシェイプの肉球がついた足がデザインされている。

 「エメラルド色の瞳やしっぽなど、ジェラトーニの魅力を表現すること。またふわふわの毛並みを感じていただけるよう、車体にはぬいぐるみと同じ毛の材質を使用しました」というワゴンは、ぬいぐるみをなでているかのような手触り。「ダッフィー・バス」よりコンパクトな作りで、大きな耳が印象的だ。

 「ダッフィー・バス」はダッフィーに包まれたような体験ができるよう、“ふわもこ感”が楽しめる内装のバスにしたが、今回は「ジェラトーニの個性である絵を描くのが大好きであることを伝えるために、彼の絵でいっぱいのギャラリーを体験できるよう、絵を積んだワゴンにしました」とのこと。ワゴンの中は、ジェラトーニが描いたさまざまな絵とともに絵筆やバケツなどが飾られ、その世界観が楽しめる。

 同ワゴンは、「ジェラトーニの旅するアートギャラリー」と題して、30日より全国21都市を巡り体験会を開催。ワゴン中央に飾られた絵は、訪れる各地によって変わるとのこと。ファンが一緒に記念撮影などを楽しむことができる体験会の実施会場や時間など詳細については、特設サイトにて公開される。