「暮しの手帖」創業者 鎭子さんのブローチ 2万1600円日常使いのジャケットや毛織りのセーター、パーティー用のワンピースなど幅広い服になじみ、季節や年代を問わない。約6gと軽く、衣服の生地を傷めないのもポイント。直径約4.3cm。素材はシルバー925。日本製(撮影/写真部・松永卓也)

写真拡大

 贈り物として、自分自身を“大人”として演出するものとして、知っておきたい“粋”な一品。今回は、「『暮しの手帖』創業者・鎭子さんのブローチ」を紹介する。

*  *  *
 高視聴率を維持するNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。ヒロインの生涯のモチーフ、雑誌「暮しの手帖」創刊者・大橋鎭子(しずこ)さんのおしゃれに欠かせなかった愛用品を復刻した。

 銀を細かく打ち出した上質な大ぶりのリングブローチは、どんな装いでも胸元をパッと明るく見せてくれる。シンプルな服を好んだ鎭子さんのお気に入りだったそうで、暮しの手帖社では、今でもこのブローチをつけていた鎭子さんの姿を記憶している社員が多いという。

「毎日使うものにこそ、選び抜かれた上質のものを」という鎭子さんの哲学が詰まった一品だ。

■本商品は朝日新聞社の通信販売「朝日新聞SHOP」でもご注文いただけます。
フリーダイヤル 0120−013−193(年末年始をのぞく毎日9:00〜19:00)

週刊朝日 2016年7月22日号