『ノーゲーム・ノーライフ』劇場版制作決定

写真拡大

榎宮祐さんのライトノベル『ノーゲーム・ノーライフ』(KADOKAWA)を原作にしたアニメの劇場版制作決定が発表された。

本作は、戦争のかわりに“全てがゲームで決まる”という世界を描いたファンタジー作品。そんな政治的思想はかけらも盛り込まれていない作品にも関わらず、何故か2013年に原作ライトノベルが「(中国の)体制崩壊を想起させる」と判断され、中国国内での出版中止が決定している。
この時、原作者の榎宮祐さんは出版中止について、自身のTwitter上で「なんかもう、中国語版が出ることよりこっちのほうが面白かいから、いいっす。そうか……俺危険思想扱いされたのか――胸が熱くなるなッ!」とネタにして笑い飛ばしていた。

【関連:榎宮祐さんのライトノベル「ノーゲーム・ノーライフ」が“体制崩壊を想起させる”として中国で出版中止】

そんな出来事の後、日本国内では2014年4月にテレビアニメ化され、大ヒット。原作は現在8巻まで発売中で累計200万部を突破するというこちらも好調ぶり。原作は第9巻の発売を8月25日に控えている。

そして、劇場版決定と同時に、ねんどろいど付き特装版の発売も発表された。大戦時のシンク・ニルヴァレンを主人公とした短編『プラクティカルウォーゲーム』に加え、アニメパッケージに収録された短編を一冊にしたもの。ねんどろいど空は 同時期に発売予定のねんどろいど白と並べるとねんどろいど『 』を再現して楽しむことができる。
こちらは2016年12月23日発売で価格は5000円(税別)。受付締切は8月1日となっている。詳細については公式ホームページをチェックしてほしい。

ねんどろいど付き特装版

なお、劇場版については公開日など詳細は今回未発表。今後、決定し次第順次発表されるものと思われる。

(C)2014 榎宮祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会