ポケモンGoと博物学──ダーウィンなら「ポケモンGO・マスター」になっていたかもしれない

写真拡大

「ポケモンGO」のベースには「博物学の楽しさ」がある。ダーウィンは元祖オタクだったし、シリーズの生みの親である田尻智は子ども時代に「虫博士」と呼ばれていた。ポケモンGOをしている最中に出合ったリアルな動植物をカタログ化する動きも始まった。

「ポケモンGoと博物学──ダーウィンなら「ポケモンGO・マスター」になっていたかもしれない」の写真・リンク付きの記事はこちら

チャールズ・ダーウィンは16歳の時、医師だった父を継ぐためエディンバラ大学で医学を学び始めたが、恐がり屋で、麻酔がまだ導入されていない時代の外科手術になじめず、医学部を辞めた。そして18歳のときにケンブリッジ大学に入り直し、牧師になる勉強をしながら、田舎で昆虫を捕まえて過ごした。

つまり、ダーウィンはおたく(ナード)だった。もし現代に生きていたら、ポケモンを全部つかまえようとしていただろう。

ヴィクトリア朝の英国では現代のポケモンのように昆虫採集が流行し、ダーウィンはこれに取り憑かれていた。ダーウィンは自伝で、両方の手にすでに甲虫を捕まえている状態で、3匹目の珍しい甲虫を見つけた時のことを次のように語っている。「捕り逃すのに耐えられず、右手につかんでいた甲虫を口に放り込んだ。すると何たる不運か。そいつがかなり刺激臭のする液体を放出した。刺すような痛みが舌に走り、私はその甲虫を吐き出さざるを得なかった。結局その甲虫も、3匹目の甲虫も失ってしまった」(これは素人の行いで、ミュウツーを通常のポケボールで捕まえようとするようなものだ)。

そもそも、昆虫採取が好きな人たちがいなかったら、この世界にポケモンは存在しなかったかもしれない。

「ポケットモンスター」シリーズの生みの親である田尻智も昆虫の収集家だった。1965年生まれの同氏は、東京の郊外(町田市)で育ち、子どものころの呼び名は「虫博士」。しかし、その故郷は次第に都市に侵食され、かつて散策した田んぼや池や森は失われていった。田尻氏は『タイム』誌に、「都市化によって、虫をつかまえられる場所がほとんどなくなってしまった」と語っている。「いま子どもたちは家の中で遊び、たくさんの人が虫を採ることを忘れてしまった。わたしもそうだった」

そこで田尻氏はポケモンをつくった。ジョン・モアレムは著書『Wild Ones』のなかで、ポケモンを「多様な想像上の生物が満ちあふれたヴァーチャル世界」と書いている。

1990年代のポケモンといえば、トレーディングカードやテレビ番組、そしてゲームボーイであり、わたしも友人も、家や学校やクルマで猛烈にボタンを叩いた。しかし、「Pokemon GO」(ポケモンGo)の登場により、ヴァーチャル世界が現実世界に重なった。その結果、人々は多様な想像上の生物を求めて外に出て、そこで現実の多様なできごとに出合っている。以下のツイートのように、現実の昆虫をつかまえた者もいる。

I was trying to catch Pokemon and I caught a beetle !! pic.twitter.com/Jc0PZDtm67

- champagne mami (@ASHMONNEY) 2016年7月12日

ケンブリッジ大学時代の昆虫収集で、忍耐力と細部を見る目を身につけたダーウィンは、のちにこれを活かし、ガラパゴス諸島でフィンチのくちばしやカメの甲羅を詳細に記録した。ダーウィンと同じような「収集とカタログ化」の衝動を、田尻氏はポケモンで活用した。

説明するまでもまく、ポケモンは非常に人気が高まり、英国の科学者チームは2002年、子どもたちがオークの木やアナグマといった動植物よりもポケモンを見分けられることを発見した。研究チームは論文(日本語版記事)で、「自然保護の推進者は、次世代の心を味方につけるつもりなら、子どもたちと自然のつながりを回復させる必要がある」とした上で、「エコモンは現れるだろうか?」と書いている。おそらくそれはない。しかし、ポケモンGOは登場した。

ポケモンGOがリリースされた週末、関連ツイートが積み重なっていくのを目にしたカナダ・ゲルフ大学の大学院生モーガン・ジャクソンは、科学者とボランティアが繰り出して地域の野生生物を調査する「バイオブリッツ(BioBlitz)」に似た「ポケブリッツ(#PokBlitz)」を思いついた。以下のツイートのように、ポケモンGOで遊んでいるうちに出くわした実際の動植物の写真を投稿すると、研究者が解説してくれるというハッシュタグだ。

Any idea on this species of moth? #PokeBlitz pic.twitter.com/SrmFseY8FH

- Kate Blackwell (@KDelphinidae) 2016年7月12日

ジャクソン氏は子どものころ、ポケモンで遊んだ(彼は「ポケットモンスター 赤」を、弟は「ポケットモンスター 青」をプレイした)。想像上の生物の収集に時間を費やしていた同氏は、「今は昆虫学者になり、実際の生物が対象であることを除けば、まさに同じことをしている」と語る。

いっぽう、エイジア・マーフィーは、ポケモンの属性などを説明するフォームで現実の野生生物の写真や事実をツイートするテンプレート「#PokemonIRL」を作成した。「あまり期待していず、数時間で消えるだろうと思っていた」とマーフィー氏は語るが、いろいろな人が投稿を続け、さまざまな珍しい動植物がカタログ化されている。

Clearly @ResearchSquid should be represented in #PokemonIRL #PokemonGO pic.twitter.com/dAhbp5kvba

- Sarah McAnulty (@SarahMackAttack) 2016年7月11日

皮肉なことに、ジャクソン氏もマーフィー氏もポケモンGOをまだプレイしていないという。ジャクソン氏はカナダ在住なのが理由だし、マーフィー氏はアプリが自分の携帯電話で動かないのだという。

さらに皮肉なのは、空想の自然をつくり出そうと開発されたゲームの末裔であるポケモンGOが、都市部を出るとプレイがはかどらないことだ。ポケモンGOは「Ingress」(イングレス)というゲームでユーザーが登録した現実世界の位置を利用しており、イングレスは主に都会でプレイされた。そのため、ポケモンは人間が多いところにはほぼ必ず姿を現すが、田舎に行くとあまり出合わなくなる。都市が自然を侵食し、田尻氏はポケモンを開発した。そして、ポケモンGOが都市を占拠した(日本語版記事)のだ。