『学研ヒットムック1日10分履くだけでやせる猫足スリッパダイエット新色(ニャーカラー)』

写真拡大

 1日10分履くだけで、猫のような「しなやかスリム」なボディと美姿勢が手に入る付録つきムック『1日10分履くだけでやせる猫足スリッパダイエット新色(ニャーカラー)』が、2016年7月14日(木)に発売された。

 同書は、2013年に発売して13万部のヒット作となった付録つきムック『1日10分履くだけでやせる 猫足スリッパダイエット』の新装版。前作から好評だったキュートな猫耳つきダイエットスリッパを、新色・ピンクにリニューアルし、装丁も一新されている。

 付録の「猫足スリッパ」は、同書の最大の特長。履けば自然と不安定なつま先立ちになるので、誰もが履いた瞬間に、ふくらはぎや太ももに負荷がかかっているのを感じることができるスグレモノだ。肉球を模したすべり止めなど、細かいこだわりもポイントになっている。

 監修を務めたパーソナルトレーナーの坂詰真二は、現代人が「やせにくい理由」として、「運動不足による筋力低下」「崩れた姿勢」の2つを挙げている。舗装された安定した地面を、ヒールの高い靴で歩き、階段を使わずエスカレーターやエレベーターを使っていると、当然運動不足になり、また同じ筋肉ばかりが使われることになって、全身の筋肉バランスが崩れてくる。そして、筋肉バランスが崩れた上に、スマホやパソコンを長時間使用すれば、姿勢がどんどん悪化していく。姿勢が悪いまま活動すると、筋肉が上手に使われなくなるので、さらに筋肉量が減っていく……という悪循環に陥っていくのだ。

 筋肉が減ると、基礎代謝量が減るので太りやすくなる。また、姿勢が崩れると、骨格や骨盤がゆがんできて、体型が崩れ、さらには肩こりや腰痛、冷えなどの不調を引き起こす原因にもなってしまう。

 そんな「筋力低下」「姿勢悪化」の両方を一気に改善するのにも、猫足スリッパが一役買う。ソールが丸い船底状になっているので、猫足スリッパを履いた瞬間、つま先立ちになって、ゆらゆらと不安定になる。そうすると、ふくらはぎや太ももなど、下半身の筋肉が使われ、さらに姿勢を安定させるために、体は下半身だけでなく全身のさまざまな筋肉を使ってバランスを取ろうとするので、自然と背すじが伸びて正しい姿勢にもなる。

 ふだんの生活ではあまり使われていない筋肉が刺激されるので、体の一部の筋力が上がるだけでなく、全身の筋肉のバランスを整えつつ筋力がアップするのも特徴の一つ。結果、猫足スリッパを履くと、以下のことが期待できる。

・眠っていた筋肉が刺激され、ウエストも下半身も引き締まる

・美しい姿勢が身に付き、バストもヒップもアップ

・血液やリンパの流れがよくなり、むくみがスッキリ

・筋肉量が増えて基礎代謝が上がる

・骨盤などのゆがみが整って、O脚やX脚が、ほっそりスラリの美脚に

・肩こりや腰痛、冷えなどの不調も改善

 坂詰によると「運動不足の現代人は、猫足スリッパを1日10分履くだけで、十分効果が期待できます」とのこと。室内で家事をしながら、テレビを見ながら履いているだけでいいので、これなら忙しい人でも大丈夫。また、誌面では、猫足スリッパの効果をさらにアップさせるために、猫足スリッパを履いて行う簡単なエクササイズも紹介。より効果的にダイエットができるはずだ。

■『学研ヒットムック1日10分履くだけでやせる猫足スリッパダイエット新色(ニャーカラー)』

監修:坂詰真二

発売日:2016年7月14日(木)

発行:学研プラス

※掲載内容は変更になる場合があります。