近年、がんの治療薬として、さまざまな分子標的薬が登場している。従来の抗がん剤は、がんが正常細胞より増殖スピードが速いことを利用して、がんを攻撃する。そのため増殖の速い正常細胞も攻撃され、重篤な副作用が生じることもあった。それに対し、分子標的薬は、がん遺伝子の異常により、産生される特定のタンパク質だけをターゲットに、その働きを抑制する。つまり、対応する遺伝子に異常がなければ、効果が発揮されない。

 北海道大学病院オリジナルのクラーク検査Lは、160の遺伝子の異常を網羅的に調べるのが特徴だ。開発した北海道大学病院がん遺伝子診断部の西原広史統括マネージャーに話を聞いた。

「検査は、手術や生検などで採取した、がん細胞の核酸と、ご本人の血液中の正常細胞の核酸を解析し、比較します。院内で解析したデータは、AGCTのランダムな配列から、リシークエンスという作業を経て核酸断片に並べ直します。そのデータを提携企業に送り、2週間でアノテーションを行なって、意味のあるデータにします。この作業を経て、がん遺伝子の異常を読み取ることができるようになります」

 北海道大学病院では、クラーク検査以外に、オンコプライム検査も実施している。これは京都大学病院や岡山大学病院でも行なわれているもので、検査対象遺伝子が210と多いが、がん細胞だけが対象で正常細胞との比較は行なっていない。

 検査は、アメリカの企業が行なっており、検査期間は5週間と長い。オンコプライム検査では、遺伝子の小さな変異だけではなく、遺伝子の一部が他の遺伝子の一部とくっついた融合遺伝子を17種類調べることも可能だ。

 これらの検査を受けられるのは、がんと診断され、治療が始まっている患者だ。申し込み後に説明を受け、納得したら検査を開始。2週間後に検査の結果と、治療方針に対する説明が行なわれる。

「結果によって、治療費の負担が異なります。遺伝子の異常が見つかり、それに対する新薬の治験が実施されている場合は、治験への紹介やエントリーを行ないます。この場合、治療費はかかりません。遺伝子異常に対応する薬剤がない場合には、従来の保険診療内の治療を継続することになります。もし、遺伝子変異に適合する分子標的薬があっても、保険診療の対象ではない場合は自費になります」(西原統括マネージャー)

 例えば、HER2という遺伝子に変異が見つかった場合は、分子標的薬ハーセプチンの効果が期待できる。しかし、この薬は乳がん、胃がんは保険適用だが、ほかのがんの場合は自費となり、年間数百万円を超える治療費がかかる。

 4月の開設以来、すでに40人近い人が検査を受けている。自身のがんの性質を知ることで、治療に迷いがなくなったと患者の反応も概ね良好だ。

 これが普及すれば、分子標的薬に対する保険の適用を見直す必要があるかもしれない。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年7月22・29日号