夏ウェディング×ディズニープリンセス♡あなたはどれに憧れる?

写真拡大

これから本格的な夏が到来。夏と言えば、じめじめした湿気や暑すぎる直射日光……など何かと困った印象もありますが、ウェディングは晴れやかで素敵なものにしたいですよね。

今回は、夏に行うディズニープリンセスをイメージしたウェディングを提案します。

(トップ画像:makimaki0212mj さんのインスタグラム より)

◆暑い夏もこれでひんやり?「雪の女王」に力を借りよう

大人気ディズニー映画『アナと雪の女王』は、エルサの魔力が暴走して夏が真冬になった、というお話ですが、自分たちの夏ウェディングでもエルサの魔法の力を借りて、クールで綺麗な結婚式にしてみませんか。自分たちはもちろん、ゲストも大喜びすること間違いなしです。

アナとエルサが戴冠式の際にしていた、三つ編みや編み込みを施したまとめ髪は、すっきりとした印象を与えながら、かわいさもあるのでおすすめです。

映画の中には結婚式の場面はないのですが、彼女たちの着ていたドレスを連想させるデザインのウェディングドレスを選んでみてはどうでしょうか。例えば、戴冠式の時にエルサが着ていたような、首元・手先の覆われた露出度の低い純白のウェディングドレスを。

そしてお色直しでは、氷の城でエルサが着ていたような、淡いブルーのドレスを着ると雰囲気が増しますね。

 『アナ雪』と言えば、エルサが解き放つ魔法から生まれた雪や氷。会場は、そんな彼女の魔法をイメージして、アイスブルーやクリスタルをちりばめた会場づくりをしてみてはどうでしょうか。

また、『エルサのサプライズ』にも出てきたスノーギスを、隠れミッキーならぬ隠れスノーギスとして会場においてあげると、ユーモアさも増してゲストのコミュニケーションのきっかけになるかもしれません。

 また、『アナ雪』イメージのウェディングでは、ケーキやスイーツなど、アナとエルサが大好きなチョコレートを使ったお料理の提供もぜひ。

◆『ラプンツェル』の名シーンがよみがえる!ランタンを灯したウェディング

夏と言えば元気いっぱいな印象がありますが、『塔の上のラプンツェル』をイメージしたカジュアルなウェディングはいかがでしょうか。

ラプンツェルといえば、長く美しい金色の髪。劇中ではその髪の毛をうまく三つ編みでまとめて生花を飾っていますね。とてもフェミニンでかわいらしいヘアスタイルなので、髪の毛が長い女性には特におすすめです。

映画本編ではラプンツェルがウェディングドレスを着ているシーンはないですが、ラプンツェルとフリンの結婚式がテーマとなっている短編映画では、彼女のウェディングドレス姿が見られます。

また、本編を通してラプンツェルが来ていたワンピースをイメージしたドレスを選ぶのも、可憐でよいですね。

 『塔の上のラプンツェル』といえば、たくさんのランタンが夜空に舞い上がる場面が印象的ですね。実際の式場の照明を少し薄暗くする代わりに、たくさんのランタンの明かりが空を舞いあがっているようなデザインで会場のムードを高めるのもいいですね。

 

atsushiさん(@mmakwd)が投稿した写真 -

 たくさんの民衆に愛されるラプンツェル風ウェディングは、フォーマルよりはカジュアルなものが合うので、特に屋外でのウェディングにはぴったりです。

ただ、いくら親友でも、馬とカエルには結婚指輪を預けないようにしてくださいね!

◆人魚みたい!海底をイメージしたカラフルなウェディング

海の近くでのウェディングには、『リトル・マーメイド』をイメージしたウェディングがおすすめです。涼やかな海底をモチーフにした会場は、夏の暑さを吹き飛ばしてさわやかな結婚式になるでしょう。

映画のフィナーレでは、アリエルがウェディングドレスに身を包んでいるシーンがありますが、必要以上に飾らないシンプルさが開放的な夏にぴったりかもしれません。また、お色直しでは、アリエルの尾びれの色でもあるエメラルドグリーンのドレスはいかがでしょうか。

 

marinaさん(@zipper34s5)が投稿した写真 -

 『リトル・マーメイド』といえば、人魚だけでなく海底に住んでいるカラフルな海の生き物も印象的ですよね。魚やサンゴ礁のインテリアや小物などで飾り、まるで海の中にいる様な飾りつけにしてもいいかもしれません。

 

asakoさん(@asako1120)が投稿した写真 -

 ディズニープリンセスの要素を取り入れ、とことんこだわってみるウェディングはより楽しそう!これらを参考にした夏ウェディング、考えてみてはいかがでしょうか。