18日、南シナ海の領有権問題に関連して、中国の俳優ホアン・シャオミンの主演ドラマがベトナムで放送中止になったと報じられている。写真は「新・上海グランド」のホアン・シャオミン。

写真拡大

2016年7月18日、南シナ海の領有権問題に関連して、中国の俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)の主演ドラマがベトナムで放送中止になったと報じられている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

06年のホアン・シャオミン主演ドラマ「新・上海グランド」が、ベトナムの一部地域で放送中止になったと報じられている。このほど、南シナ海のほぼ全域に主権が及ぶとする中国の主張に「根拠なし」と否定した仲裁裁判所の判決を受け、中国の人気芸能人たちも一斉に中国の主張を支持すると表明。中でもホアン・シャオミンは真っ先に声を上げたうちの1人だったが、これが放送中止に至った大きな原因とされている。

中国紙の第一財経日報がハノイ在住の華人にインタビューしたところ、放送中止については現地の新聞報道で見たと語っている。しかしホアン・シャオミン側は18日、マネジャーがインタビューに対して「何も聞いていない」と答えている。

ホアン・シャオミンは12年、ベトナムの映画アワード「DMA大賞」で「最も歓迎された華人俳優」に選ばれた。「新・上海グランド」や「泡沫(うたかた)の夏」など数多くの主演ドラマ、映画が放送され、ベトナムで特に人気の高い華人俳優の1人だ。(翻訳・編集/Mathilda)