画像

写真拡大 (全2枚)

 NTT西日本は、バイタルデータ等で「恐怖」といったココロの状態を視える化する「スマート光お化け屋敷」を、梅田と沖縄で実施する。体験者の恐怖・不安・驚きといったココロの状態を「ビビり度」として可視化、体験後にwebサイトでビビり度を確認できる。

 西日本電信電話(以下、NTT西日本)は、バイタルデータ等で「恐怖」といったココロの状態を視える化する「スマート光お化け屋敷」を、2016年7月15日から梅田で、27日沖縄で実施する。これは、NTTスマートコネクト社が提供する「ココロの視える化サービス」を活用したもので、体験者の恐怖・不安・驚きといったココロの状態を「ビビり度」として可視化。恐怖体験の客観的な振り返りや友人との共有等、新たな楽しみ方を提供するもの。昨年続く2度目の開催で、新たなシステムも導入された。
2015年との違い(クリックで拡大)

 同イベントでは、お化け屋敷の体験者に、脈拍計測機能付き活動量計を装着してもらい、取得した活動量データから、体験者の脈拍や体の動き等のバイタルデータを収集。そのデータを、独自のアルゴリズムで解析することで、恐怖・怯え・平静・硬直・驚愕といったココロの状態を「ビビり度」として視える化。お化け屋敷体験後「ビビり度」と「消費カロリー」を専用のWebサイトで確認できる。

 また、「梅田お化け屋敷」ではビーコン技術を応用し、体験者の位置情報を把握することで、特定のエリアに入った装着者の反応をデータで収集・分析する。これにより、お化け屋敷運営者は、演出・仕掛けに対する体験者の反応を客観的に評価でき、改善を行うことが可能となる。

MarkeZine編集部[著]