ワインもパスタもOK!簡単に取り入れられる「地中海式ダイエット」とは?

写真拡大

ハーバード大学の研究でも長生きに効果的と発表されたことや、2010年、世界無形遺産に登録されたこともあり、ヘルシーな食事スタイルとして注目が集まっている「地中海料理」。ここで言う“ダイエット”とは減量を目的としたものではなく、健康的なカラダになるための食事法を指します。

日本人にはあまり馴染みがないかもしれない地中海料理ですが、ニューヨークで高級ギリシャ料理レストラン「Loi Estiatorio」を営む、シェフのマリア・ロイさんが上手な取り入れ方を「The New Potato」で紹介しています。

彼女によれば、地中海料理の元となっているのはギリシャ料理なんですって。それでは見ていきましょう。

12の食材がポイント

健康に良いとされる食事法って重さを細かく計らなくちゃいけなかったり、準備が面倒だったりしませんか?でもこの方法なら、12のメインとなる食材を普段の食事に取り入れるだけ。古代ギリシャ人が食べてきたものが基本となっているそうです。

1. オリーブオイル
2. ヨーグルト
3. 野菜
4. 豆類
5. 魚介類
6. 全粒穀物
7. ワイン
8. ハーブとスパイス
9. フルーツ
10. コーヒーとお茶
11. ナッツと種類
12. 鶏肉と卵

特徴は、加工食品を使わないことと、高タンパクであること。でも、欧米で普通に食べられているものとはちょっと違い、赤身のお肉は少しだけ。そして、オリーブオイルを使うというところ。

取り入れ方は?

例えば、朝はヨーグルトと全粒粉のパンにフルーツ、お昼はシーフードのパスタと豆入りサラダにオリーブオイルをかけて。おやつにはナッツも◎。夜ご飯はチキンをメインにワインを楽しむーー。これなら簡単にできそうですよね。でも、どこがカラダにいいのでしょうか?秘密はそれぞれの食材にあります。

どんな効果が期待できる?

・オリーブオイル
脂肪を燃焼させる「一価不飽和脂肪酸」が含まれていて、空腹感を抑えてくれるとともに、食事での満足感も与えてくれます。

・ヨーグルト
プロバイオティクスなどカラダにいい菌が多く入っていて、代謝と脂肪燃焼に効果的。

・魚介類
海洋由来のオメガ3が脂肪を燃焼させ、病気を防ぐ働きがあるとされています。

・豆類
繊維が満腹感をアップ。血糖のバランスも取ってくれます。

・ナッツ
ビタミン、ミネラルなどが豊富。血糖を下げて代謝を上げる効果あり。

ヘルシーなものばかりチョイスしてあるので、この中から好きなものをバランスよく摂っていれば、自ずと健康になってしまう、ということだそうです。

マリアさんによれば、この食事スタイルは健康上の利点がたくさんあるそう。がんや高血圧、うつやアルツハイマー、パーキンソン病に心臓疾患まで、さまざまな病気のリスクを減らしてくれるんですって。

一番大切なのは
「食事を楽しむこと」

ディナーのあとはデザートもOKという、かなり自由度が高い地中海式ダイエット。一番大切なのは、楽しんで食事することなのだそう。

カラダによいものを喜んで食べる。それがベストな健康法なのかもしれません。

Licensed material used with permission by The New Potato
Reference:BMJ