マスターカードがおなじみのロゴを変えた理由

写真拡大

世界中のお店で見かける、赤とオレンジの円。誰もが一度は目にしたことがあるであろうこのマスターカードのロゴが、20年ぶりに刷新された。おなじみのロゴを、あえてこのタイミングで変えた理由とは? ロゴを手がけたデザインファーム、ペンタグラムのデザイナーらに訊いた。

SLIDE SHOW 「マスターカードがおなじみのロゴを変えた理由」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/5古いロゴは、赤と黄色の円がオーヴァーラップするようなデザインだった。
IMAGE BY PENTAGRAM/MASTERCARD

03

3/5新しいロゴは、従来のロゴをさらに洗練させたものだ。表記も、キャメルケースの「MasterCard」から「mastercard」へ変わった。
IMAGE BY PENTAGRAM/MASTERCARD

04

4/5赤とオレンジ、黄色のバランスをとるために、何百回というテストが行われた。
IMAGE BY PENTAGRAM/MASTERCARD

05

5/5新しいロゴはカードにも描かれるが、これはデジタル時代に合うようにとデザインされたロゴだ。
IMAGE BY PENTAGRAM/MASTERCARD

Prev Next

あなたのマスターカードはたったいま、期限切れとなった。まだ使うことはできるが、カードの外見がどこかおかしい。なぜなら、マスターカードは最近、デザインを変更したからだ。

表記はキャメルケースではなく、「Mastercard」(場合によっては「mastercard」)に。ロゴには前のもの同様、赤と黄色の重なり合う円と、サンセリフ・フォントが使われている。しかし、すべての要素がよりスリムでフラットに、うるさくない見た目になった。

リデザインの理由

「なぜわざわざ?」と思うかもしれない。マスターカードの内部調査では、調査対象者の80パーセント以上が、あの円の絵をマスターカードのブランドだと認識した。親しみがあり、わかりやすかったのだ。

「マスターカードのマークは、世界で最も広範囲に流通し、最も多くの場所で見られるマークのひとつです」と、マイケル・ビエルトは話す。彼は、デザインファームPentagramのパートナーであるルーク・ヘイマンとともに、マスターカードの新しいブランド展開をデザインした人物だ。ビエルトとヘイマンは、ベライゾン・コミュニケーションズ、『ニューヨーク・マガジン』、そしてヒラリー・クリントンのアイデンティティデザインなども手がけてきた。

RELATED

しかし、誰がデザインの見直しを行ったとしても、マスターカードには消えないアイデンティティがある。それは、「何もせずに放っておく」ことを好む企業であるということだ。金銭を扱うビジネスは、とりわけである。

「人々はとにかく金融サーヴィスを信用しないのです」と、銀行や金融企業を顧客にもつブランド戦略代理店、Sullivanのデザイン責任者ジョン・パオリーニは話す。一貫したブランド展開は銀行やクレジットカードが顧客の信頼を構築するひとつの方法だ。変化とは怖いものである。

変化とはまた絶え間ないものでもある。21世紀の金融機関の多くがそうであるように、マスターカードもまた、単なるクレジットカード会社以上の存在だ。それはオンライン決済のプラットフォームであり、デジタルウォレットであり、テック企業でもある。それゆえ、ブランディングも柔軟でなければならない。

「デジタル空間でも成功するものでなくてはいけないのです」と、マスターカードの顧客体験とデザインの責任者であるシンディ・チャスティンは話す。「マスターカードのブランディングは、よりシンプルなものになりました。モダンで、デジタル化する世界に合うよう、最適化されたのです」

つまるところ企業は、ビルボードからノートパソコンの画面上、スマートウォッチ、携帯電話に至るまで、どこで見ても見栄えがよいロゴを求めているのだ。

Mastercard1-1024x768

ヒントは1979年のロゴにあった

ビエルトとヘイマンにとっての課題は、何十年にわたって積み上げてきたブランド認知を捨てることなく、いかにマスターカードのロゴをアップデートするかだった。「自分たちのスタイルを見せびらかすのではなく、このロゴの強さそのものが発揮されるようにすることが、われわれのデザイナーとして職務なのだと思います」ビエルトは話す。

そこで、ふたりは歴史を振り返った。円の要素の登場は1966年、この会社がInterbankと呼ばれていた時代のロゴにまでさかのぼる。1968年からの「Master Charge」のロゴには小文字が使われている。1968年から1979年には組み合うというよりは重なり合う色のモチーフ。90年代は鮮やかなカラーパレット。2006年からは、ロゴとは別の名前(デザイン用語で「文字商標」)が使われるようになった。この企業ロゴはカードには使われていなかったため、見たことがないかもしれない。

「われわれは1979年のロゴ、特にタイポグラフィーの丸い構造に最も感激しました。それぞれの文字が、円の一部である曲線を含んでいるのです」(「m」や「t」に至るまで、マスターカードは常に円のモチーフを好んで使ってきた)と、ビエルトは話す。「それは神様からの贈り物でした。さまざまな太さで使うことができ、主に円がベースとなっていて、明解でシンプルで読みやすい書体を探していたところだったからです」と、彼は言う。「『FFMark』というこの書体には、まったく摩擦がないように見えます。使いはじめたときには、この書体がもつ“すべてをまとめる力”に有頂天になりました」

グラフィック・デザイナーが常に言うように、複雑さと簡潔さは紙一重だ。ロゴは、白黒どちらの背景に対しても見やすくなければならない。白の背景に黄色が映えるよう、また黒の背景に赤色がかき消されないよう、色を調整する必要がある。ビエルトは「色を正確に出すために、おそらく何百回というテストを行いました」と話す。

アイデンティティの役割

ビジネスのあらゆること同じように、このロゴが成功なのかどうかは確かではない。

「アイデンティティの役割が、際立つこと、単に目立つことだった時代もありました」と、ブランド戦略コンサルタントWolff Olinsのデザイン最高責任者、クリス・ムーディは言う。「今日ではアイデンティティは、チャネルにとらわれないものでなければならず、何とでもよく馴染む、便利なものでなければなりません。必要最小限の特徴を残すというアプローチでは、後者を達成することはできますが、果たして前者には有効でしょうか?」

ビエルトには自信があるようだ。「根本的な何かにたどりつくというのは、とてもよいことです。」それはシンプルなことなのだろうか? もちろんそうだ。ピースサイン、にこにこマーク、ヴァレンタインのハートを見ればわかる。

加えてビエルトは、あらゆるブランドがこの種のミニマリズムを使うことを許されているわけではないのだとも言う。ミニマリズムが機能するためには、ある程度の規模が必要だということだ。

「結局のところ、マスターカードは手が込んだ、賢く巧妙なロゴを使う企業として有名になりたいとはまったく思っていなかったのです」と、ビエルトは言う。彼らは、ただあらゆるの人の財布の中に入りたいと思っているだけなのだ。それから、すべての人の携帯電話の中、それ以外のあらゆる場所にも。簡単なことだろう?