13日、韓国・MBCテレビは、急な事態に料金の比較や交渉をする余裕を持ちにくい葬儀の場面で、多くの韓国人がぼったくりに遭っていると報じた。資料写真。

写真拡大

2016年7月13日、韓国・MBCテレビは、急な事態に料金の比較や交渉をする余裕を持ちにくい葬儀の場面で、多くの韓国人がぼったくりに遭っていると報じた。葬儀にまつわる施設などの料金設定があまりに千差万別だというのだ。

韓国では近年、火葬が増え、遺骨を「追慕院」と呼ばれる供養施設に納めるのが一般的だ。この、遺骨を納めるコインロッカー状の棚の料金設定がまず幅広い。昨年オープンした首都圏のある追慕院では、最低価格の棚が相場より若干高めの350万ウォン(約32万円)程度、その他はサイズや位置、採光などによって異なり、最低価格の20倍の棚まである。部外者の立ち入りが禁止された場所の料金の平均は5000万ウォン(約460万円)だ。

葬儀の式場や専門業者から購入する葬礼用品も、質や価格はさまざま。ある地方の式場で35万ウォン(約3万円)のひつぎが、別の地方では同じ素材でも175万ウォン(約16万円)、さらに釜山ではこれに彫刻が施され、価格が390万ウォン(約36万円)に上がる。遺体に着せる死装束では、慶尚北道安東地方で年に300反しか生産されない「安東布」を使ったものが高級品として知られ、最低でも800万ウォン(約74万円)はする。しかしインターネットや式場では、中国製の装束が「安東布」の名で高値で売られている実態がある。遺族は「生前に母や父に尽くせなかったから、良い装束や良いひつぎを用意してやりたい」と、高い価格をいとわずこうした物を手にするのだ。

記事は、「遺族のこうした気持ちにつけ込むぼったくりが葬礼費用の負担を重くしている」とし、果たしてこれを故人が望んでいることなのかと問い掛けた。これに、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「生きているうちに孝行しよう!」
「死んだ人をネタにお金をもうけたいのか?」
「韓国人の人生は、行く所すべて『何とかして奪い取ってやろう』と目を血走らせている商売人でいっぱいだ。本当に疲れる」

「生きてても死んでからも格差社会」
「死装束には、普段着ていた服を着せてあげればいいよ」
「葬儀文化も変えるべき。簡単、簡素に」
「虚礼虚飾、特に冠婚葬祭のぼったくりは世界最高だと思う」

「すべてが済んだ後ににやりと笑う葬儀屋は悪魔だ」
「一生をカモとして生き、カモとして死ぬのか」
「後進国であればあるほど、生きている間にものすごく苦労する代わり、死んでから数日間だけは王様のようにもてなされる。まったく無駄なやり方だよ」(翻訳・編集/吉金)