LINE:2016年最大のテック系IPO、注目すべきは「スタンプ」──『WIRED』US版

写真拡大

7月14日(米国時間)、LINE(ライン)がニューヨーク証券取引所に上場した。この「2016年最大規模の新規株式公開(IPO)」は、米国ではどう見られているのか。また、彼らの前に大きく立ちはだかる競合メッセージアプリ『WhatsAPP』や『Wechat』『Messanger』に対してどう受け止められているのか。

「LINE:2016年最大のテック系IPO、注目すべきは「スタンプ」──『WIRED』US版」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本企業、ライン(LINE)の株式が7月14日(米国時間)公開された。同社が手がけるメッセージングアプリ『LINE』はアジア圏で広く利用されているサーヴィスで、月間アクティヴユーザー(MAU)は2億に上る。

この人数は決して悪くはないものの、フェイスブック傘下の『WhatsApp』が誇る10億人ユーザーにはまったく届いていない。

「驚くべき好調」

ラインは、ゲームやアプリ内ステッカー(「スタンプ」)を販売することで利益を上げている。その結果、2016年最大の新規株式公開となった。

ラインの株式は、ニューヨーク証券取引所にて〈LN〉というシンボルで取引が開始され、当初32.84ドルであった株式公開価格は33パーセント上昇し、42ドルで取引された。この急上昇でラインの企業価値は70億ドルを超え、同社は株式公開によって10億ドル以上の資金を得た。

想定より好調であったことについて、テクノロジーへの投資が特に慎重になっている現況を鑑みると、驚くべきものであるといわざるをえない。

事実、ラインの新規株式公開が実施されるかについては長らく疑念が抱かれてきたし、Brexitによって直前になって先延ばしになったこともある。

日本ゲーム産業のコンサルタント、サーカン・トトは、投資家は、長らく待ち望んでいた好機に乗じようとしているだけかもしれないと述べた。「新規株式公開のタイミングはあくまでもラインのものであるため、トレンド全体の指標にはならない」

ポイントは、スタンプ

しかし、ラインのビジネスそのものはうまく運んでいるようだ。

現時点で大量に存在するメッセージングアプリは、人々がお互いに文章、音声や動画でやりとりをすることを可能にしている。フェイスブックの二大メッセージングアプリ『WhatsApp』『Messenger』や中国で大人気のメッセージングアプリであるテンセントの『WeChat』、マイクロソフトの『Skype』などのアプリとくらべて、LINEはユーザー数において遅れをとっている

にもかかわらず、同社はメッセージングを現実世界のマーケティングニーズと融合させることに成功した。ユーザーをよそよそしい気持ちにさせることなく、ブランドが会話に参加する方法を彼らは見出している。

aflo_LKGG968335

PHOTO: AP / AFLO

ラインはその収益の大半をゲーム、あるいはユーザーがメッセージのやりとりに利用できる絵文字のような「ステッカー」(スタンプ)からあげている。

例を挙げるとハローキティやディズニー、テイラー・スイフトのスタンプをつくり、1セットを1ドルでユーザーに販売している。中国で「全部入りアプリ」と呼ばれるWeChatのように、LINEでは「ローカルサーヴィス」が提供されており、メッセージを送ることでレストランに注文したり送金したりできる(この機能は実に好評である)。

ラインによる米国規制当局への昨年の新規株式公開の出願によると、同社は11億ドルの収益をあげており、これは2014年の8.19億ドルと比較して40パーセント増加している。

アジアから脱することができるか

しかし、同社は困難にも直面している。

前述のトト氏は、「長期的に見て、わたし自身はラインに対して弱気です」「チャットアプリは日用品化されています。そのどれもが同じ用途に利用することができますし、似たような機能しかありません」と述べている。

ラインは、その主要なユーザー基盤である日本、台湾、タイとインドネシアの「アジアの嗜好」に焦点を合わせているため、世界中に展開しうるWhatsAppとは異なるのだとトト氏は指摘する。また、彼はラインのローカルサーヴィスやデザイン、コンテンツが他国でも通用するかというと、それは難しいのではないかとも述べた。

トト氏は、「ラインの躍進はアジアから脱することはないと考えています」と言う。「ヨーロッパとアメリカではFacebook MessengerとWhatsAppの優位が明らかだし、南米やインドなどの比較的小規模なマーケットはすでにWhatsAppの手に落ちています」

アプリやサーヴィスの運命は、移り気なテックトレンドの影響を受けて激しく盛衰する。ただ、少なくとも現在のところは、ラインは大衆が何を求めているかを知っているし、ウォールストリートは同社に将来性があると考えている。