自己犠牲は誰も幸せになれない。モデル・田熊ゆいさんの美スタイルの秘密【インタビュー】

写真拡大 (全3枚)

鎌倉在住の自然美研究家/モデルの田熊ゆいさんに、毎日の食生活や暮らしについて伺った前回に続き、美スタイルキープの秘密や毎日ハッピーでいるための根底にある想いをお聞きしました。
効果があるから続けられる、効くエクササイズを
もともと研究熱心な田熊さん。ご自身が自分の身体を実験台として研究した結果、効果を感じられたものだけを継続しているそう。
「3年前から、週に1、2回は江ノ島にあるジムスタイルGに通っています。さまざまなストレッチマシーンを使って美しい姿勢に導くワークアウトをしています。トレーナーの腕もピカイチ。肩甲骨と股関節の可動域を広げつつ、骨盤を正しい位置に戻しながら体幹を整えるので、行く度に体つきが変わってくるんです。人間ってちゃんと真っ直ぐ立てていたら変なところにお肉はつかないんですよ」

田熊ゆいさん(@takumayui)が投稿した写真 - 2016 6月 23 10:48午後 PDT

さらに最近は、美活ママたちと共にかまくRun西堂路代表によるウォーキングやランニングの指導も受けているのだそう。
「先月から『ダイエットウォーキング塾』をスタートしました。プロによるウォーキング・食事指導を受けながら、鎌倉にある石風炉温泉ミスト浴のルフロでデトックスするという スペシャルプログラム。身体の外側と内側から美しく健康になれます」

田熊ゆいさん(@takumayui)が投稿した写真 - 2016 5月 25 10:03午後 PDT

中長期の旅先では、オリジナルの「15s exercise」を考案して身体をほぐしているという田熊さん。努力なくして美スタイルの維持はないようです。
まわりをハッピーにするには、まずは自分から

忙しかった子育ても少し落ち着いてきたということで、これまで子どもたちにかけていた時間を自分のために使えるようになり、プライベートとお仕事、どちらも謳歌されています。
「私もそうですが、子育て中の女性って"繁殖の本能"と"社会における自己表現や夢"のジレンマ、というか両立が大きな課題になってると思うんです。両立のバランスは、家庭の事情や環境などで人それぞれなのですが。 世の中の風潮は、まだまだ子育てだけしていれば良いとか、子どものためだけを考えなければいけない、などあり......。でも思うんです。ママがハッピーでなかったら、子どもだってハッピーじゃない。やりたいことを我慢する自己犠牲は誰も幸せになれないんです。ですから、私はそういった悩める、迷える女性たちがハッピーになれるような活動をしていけたらいいなと思っています。私も悩みつつ、迷いつつですが(笑)」
田熊さんの美しさの秘密は、日々の努力だけでなく、そんな心の在り方にもあるようです。

PROFILE:田熊ゆい
自然美研究家/モデル。18歳でモデルデビュー。結婚を機に鎌倉へ移住しナチュラルな暮らと子育てを実践中。現在はキュレーションサイト「HATCH」にてセレクターとして参画(8月8日にはサイト4周年イベントにてフリーマーケッ トを出店予定)。冬ごろには女性の起業支援団体「&MAMACO」とのコラボイベントを開催予定(詳細はインスタグラムにて)。

衣装協力・bonbon/撮影・井上七実

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。