氷をガリガリかじりながら食べる、新感覚の「夏鍋」。レモンやミント入りのトマトベースだから暑さもスッキリ

写真拡大

お鍋なのに氷!? なんとも奇妙な組み合わせだが、この「和風トマトスープ氷鍋」は毎夏恒例で好評な名物鍋なのだそうだ。

【写真を見る】「和風トマトスープ氷鍋」1人前990円(税抜)

居酒屋チェーン「赤から」では、5年目に突入する名物鍋「氷鍋」を期間限定でスタートした。

オリジナルの和風出汁をベースに、柔らかく煮込んだイタリアントマトを合わせた「和風トマトスープ氷鍋」。中には生ハム、エビ、枝豆、コーン、白菜、レモン、ミント、プチトマト、イタリアントマト、メンマ、締めの麺など、13種類の具材が入りボリュームたっぷりだ。氷のガリガリ食感とトマトのすっきりした酸味、レモンとミントの清涼感が、ピリ辛みそ味のスープとマッチして鍋をすっきりまとめあげているとか。氷をクラッシュできるミキサーやブレンダーを持っている家庭ならマネしてみるのも楽しそう♪

これは家ではマネしにくそうだが、パクチーを100g山盛りにした「爆裂パクしゃぶ」というインパクト大の鍋メニューもある。これは名古屋にある系列店「納屋町ラムチョップパクチー'S」で提供されているもの。

「インパクトのあるメニューにトライしてみたい!」と思ったときにこの店からヒントをもらうとリフレッシュできそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】