【動画あり】これなら住んでみたい! 森の中で超快適に過ごせる「レンタルハウス」が話題

写真拡大


ここ数年、欧米で『タイニーハウス』の人気が高まりつつあるという。タイニーハウスとはその意味の通り「小さな家」のこと。部屋の規模によっては数十万円で建てることが可能で、部屋数も少ないため光熱費が安く済むなど、経済効果が抜群なのだそう。

さらに経済的なだけでなく、こだわりの素材やモダンなデザインを取り入れられる点でも評価されているらしい。そこで今回は、超ハイクオリティーな “レンタル” タイニーハウスをご紹介しよう。「これなら住んでみたい!」あなたもきっとそう思うハズだ。

・プロジェクトの名前は「Getaway」

超ハイクオリティーなタイニーハウスがレンタル出来てしまうという、その画期的なプロジェクトの名前は「Getaway(ゲッタウェイ)」である。このプロジェクトには建築デザインなどで有名なハーバードデザインスクールの生徒なども関わっているとのことだ。

・超オシャレなデザイン

動画では実際にタイニーハウスの造りを見ることが出来る。無駄を徹底的に排除したシンプルな外観と、ナチュラルで明るい色の木材で統一されたインテリアが超オッシャレーーー! 緑あふれる森の中に設置されているから、気が向いたときには外でバーベキューなんかを楽しめてしまうところがまた最高だ。

・生活に必要な機能を完備

室内の装備だが、クイーンサイズのベッドにキッチン、そしてバスルームなど、生活に必要な機能は全て揃っているという。ちなみに、外部にある電線などには接続せず、内部のバッテリーを使用する「オフグリッド式」の家であるとのことだ。

・米国のボストンとニューヨークに設置されている

このレンタル出来るタイニーハウスは現在、米国のボストンとニューヨークに設置されており、Getawayのサイトから予約することが可能なのだそう。日本でも同様のシステムがあれば、きっと人気が出るに違いない。

・1度は泊まってみたい

最近、物を極力所有しない「ミニマリスト」が増えているというが、持ち物だけでなく「住宅の機能も必要最小限で良い」と思っている方にピッタリの住まいと言えるだろう。そしてミニマリストでなくとも、「森の中にこんな素敵な家があるのなら1度泊まってみたい」そう思う方も多いのではないだろうか。

参照元:YouTube、Getaway(英語)
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る