1
 
スマートフォンのカメラ性能について、iPhoneやGalaxy、Xperia、HTCシリーズなど人気の6機種を比較した調査結果を、ニュースメディアphone Arenaが公開しました。

「iPhone6s Plus」や「Xperia X Performance」、「Galaxy S7」など6機種、さまざまな被写体・シーンで撮影比較!

比較対象となる機種は、「OnePlus 3」「iPhone6s Plus」「Galaxy S7」「HTC 10」「Xperia X Performance」「LG G5」の6機種です。数字で見ると「Xperia X Performance」が最も高い2,300万画素となっています。
 

機種名解像度・
アスペクト比センサと
ピクセルサイズ焦点距離と
絞りフォーカスと
安定化OnePlus 31,600万画素
(4640×3480px)
3:41/2.8″
1.12μm28mm
F2.0像面位相差AF
(PDAF)
光学式手ブレ補正iPhone6s Plus1,200万画素
(4032×3024px)
3:41/3″
1.22μm29mm
F2.2像面位相差AF
(PDAF)
光学式手ブレ補正Galaxy S71,200万画素
(4032×3024px)
3:41/2.5″
1.4μm26mm
F1.7デュアルピクセルAF
物体トラッキング
光学式手ブレ補正HTC 101,200万画素
(4000×3000px)
3:41/2.3″
1.55μm26mm
F1.8レーザーAF
光学式手ブレ補正Xperia X
Performance2,300万画素
(5520×4140px)
3:41/2.3″
1.12μm24mm
F2.0像面位相差AF
(PDAF)
物体トラッキングLG G51,600万画素
(5312×2988px)
9:161/2.6″
1.12μm28mm
F1.8レーザーAF
光学式手ブレ補正

 
これらの6機種のカメラ性能を、「公園」「時計台」「花」「オフィス」「本棚」「雑誌」「大聖堂」「教会」「銅像」という9つのシーン・被写体で撮影し、スコアで比較しています。
 

1. 公園

 
まずは晴れた日の公園での撮影です。スコアは、「OnePlus 3」「LG G5」「iPhone6s Plus」「HTC 10」が8.0でトップとなりました。
 

 
「OnePlus 3」は、適度なコントラストで見やすく良い写真になりましたが、phoneArenaは、色精度については改善の余地があるとしています。「iPhone6s Plus」については、花の自然な色合いが評価されました。
 
100%ズームした写真を比べると、「iPhone6s Plus」や「Galaxy S7」ではボヤケてしまっていますね。
 

 

2. 時計台

 
次は、シャドウやハイライト、太陽光線など、カメラ性能を比較するのに適した、緑の中にある時計台です。スコアは、影と空のハイライトのバランスが良かった「iPhone6s Plus」が8.5でトップでした。
 

 
シーンの雰囲気を維持した詳細な写真で、コントラストも適度であった「OnePlus 3」が高評価でした。一方で「Galaxy S7」は全体的に暗い写真となり、露出不足となっています。
 
100%ズーム時の比較では、「OnePlus 3」「Xperia X Performance」「LG G5」の写真が、より鮮明に撮影できています。そのほかの3機種では時計の文字がボヤケています。
 

 

3. 花

 
次は、黄色い花の接写対決です。スコアは「LG G5」「HTC 10」が8.0でトップとなっています。
 

 
色の再現度という点で、「LG G5」と「HTC 10」が高評価を得ました。この2機種での写真は、自然な色合いを再現できています。一方「Galaxy S7」と「Xperia X Performance」のスコアが伸びなかったのは、青が強く出ていて”低温”な印象を受けるためです。
 
100%ズーム時の比較では、「Galaxy S7」がシャープな写真となっていますが、少し色味が濃いです。また「Xperia X Performance」は輪郭がかなりボヤケています。
 

 

4. オフィス

 
次がカラフルな家具が特徴のオフィスです。スコアは「HTC 10」が8.5でトップでした。
 

 
そばの窓から差し込む日光がポイントとなったこの対決では、肉眼で見る景色にかなり近いと「HTC 10」が高評価を得ました。「iPhone6s Plus」は少し赤みがある写真となった一方、「Xperia X Performance」は全体的に青っぽい、暗い写真になっています。
 
100%ズームでの比較では、正面の棚に置かれた車のおもちゃで細部まで表現できているのは「Galaxy S7」と「HTC 10」でしょうか。観葉植物を撮影した写真の比較では、特に「Galaxy S7」と「Xperia X Performance」の描写力で違いが分かりやすいです。
 

 

 

5. 本棚

 
次の被写体は本棚(並べた書籍)です。スコアは「LG G5」「HTC 10」「iPhone6s Plus」が8.0を獲得してトップとなりました。
 

 
色味をうまく再現していた3機種が高いスコアを得た一方、「Galaxy S7」については最も色の表現が正確でなく、わずかに青っぽいと評価しています。また、6機種での写真を比較すると、「Xperia X Performance」の視野の広さが目を引きます。この視野の広さは、風景やせまい場所での撮影に良いですね。
 
100%ズームで比較してみても、高スコアだった「LG G5」「iPhone6s Plus」が詳細に撮影できていることがわかります。
 

 

6. 雑誌

 
次はテーブルに並べた雑誌とフルーツです。スコアは、「OnePlus 3」「HTC 10」「LG G5」が8.0でトップでした。
 

 
高スコアを獲得した3機種について、色がほぼ正確に再現され、描写もとても詳細であることが挙げられています。しかし「Xperia X Performance」に関しては、色の再現度や詳細な描写において、あまりよい評価は得られませんでした。
 
100%ズームで比較すると、雑誌の文字が鮮明に読み取れるのは「OnePlus 3」「HTC 10」「LG G5」です。「Xperia X Performance」は、雑誌の文字やフルーツの輪郭を他機種と比べると、その差は一目瞭然です。
 

 

 

7. 大聖堂

 
次は、夕暮れ時の大聖堂と道路のシーンです。曇りがかった空で光も弱いため、難しい撮影シーンとなった対決ですが、スコアは「iPhone6s Plus」「OnePlus 3」が7.5でトップとなりました。
 

 
「OnePlus 3」の再現力は安定しています。色の再現度も高く、詳細に描写されています。現実の色合いに最も近かったのが「iPhone6s Plus」で、自然な色合いが高評価を得ました。青みがかなり強調されたのが「Xperia X Performance」です。
 
100%ズームでは、大聖堂の模様と車体の文字を比較しています。詳細に描写できているのは「HTC 10」で、「iPhone6s Plus」「Xperia X Performance」「LG G5」は少しボヤケている印象があります。
 

 

 

8. 教会

 
次はライトアップされた夜の教会です。スコアは、全体的に適切な色合いと優れた詳細の描写が光った「HTC 10」が8.5でトップでした。
 

 
「HTC 10」よりもシャープだった「OnePlus 3」、より濃い色で影ををうまく表現した「iPhone6s Plus」も良い評価を得ています。「Galaxy S7」と「Xperia X Performance」は、実際の色より赤すぎる、あるいは青すぎることがマイナス評価につながりました。
 
100%ズームで比較すると、パッと見ただけで、それぞれの機種の描写力に大きな違いがあるのがわかります。「Xperia X Performance」には光学手ブレ補正がついていないことも一つの要因でしょう。
 

 

 

9. 銅像

 
最後は、夜の街中にある銅像です。この銅像がどのように顔認識されるかで写真の出来に違いがみられます。スコアは「LG G5」がダントツの9.0を得てトップとなりました。
 

 
ここまで高い評価を得ていた「OnePlus 3」ですが、銅像対決では全体的に青みがかった写真になり、スコアは6.5でした。一方で「LG G5」は、銅像にフォーカスしていて、正確な色表現で被写体の顔を美しく強調しています。
 
100%ズームではどうでしょうか。「Galaxy S7」が詳細に描写できています。ズームした写真比較で評価を伸ばせない「Xperia X Performance」もそうですが、「OnePlus 3」や「iPhone6s Plus」は少しボヤけています。
 

総合評価:トップは「HTC 10」、僅差で「LG G5」 3位は「iPhone6s Plus」

各スコアと最終スコアは以下の結果となりました。1位は、最終スコア7.9の「HTC 10」、2位は同7.7の「LG G5」で、「iPhone6s Plus」は同7.6で3位でした。
 

 

機種名各スコア最終スコアOnePlus 31.公園8.07.4
(4位)2.時計台8.03.花7.54.オフィス7.55.本棚6.06.雑誌8.07.大聖堂7.58.教会7.59.銅像6.5iPhone6s Plus1.公園8.07.6
(3位)2.時計台8.53.花7.54.オフィス7.05.本棚8.06.雑誌7.07.大聖堂7.58.教会7.59.銅像7.0Galaxy S71.公園6.56.8
(5位)2.時計台6.53.花6.54.オフィス7.55.本棚7.56.雑誌7.07.大聖堂6.08.教会6.09.銅像8.0HTC 101.公園8.07.9
(1位)2.時計台8.03.花8.04.オフィス8.55.本棚8.06.雑誌8.07.大聖堂6.58.教会8.59.銅像7.5Xperia X
Performance1.公園6.56.0
(6位)2.時計台7.03.花5.04.オフィス7.05.本棚6.56.雑誌5.07.大聖堂5.58.教会5.09.銅像6.5LG G51.公園8.07.7
(2位)2.時計台8.03.花8.04.オフィス8.05.本棚8.06.雑誌8.07.大聖堂6.08.教会6.59.銅像9.0

 
phone Arenaは結果を振り返り、ハイスペックながら399ドルという低価格を実現した「OnePlus 3」は、深刻な欠陥などはなく、一貫性のあるカメラ性能を示したと評価。「iPhone6s Plus」についても、まだまだ最新スマートフォンに匹敵する機種だとしました。
 
一般的には高評価の「Xperia X Performance」「Galaxy S7」ですが、今回のカメラ性能比較では振るわない結果となりました。とはいえ、人それぞれ好みがありますし、色の再現度など機種ごとの特徴は、機種選びのヒントになりますね。
 
この秋にはiPhone7シリーズが登場すると見込まれています。iPhone7は従来よりレンズが大きくなっているほか、iPhone7 Plusにはデュアルカメラが搭載されるとの噂です。iPhone7発売を機にスマートフォンの”カメラ性能勢力図”はまた変化することでしょう。
 
 
Source:phone Arena
(asm)