え〜…カレーもコーヒーもダメ!? 「泳ぐ前に食べない方が良いもの」5つ

写真拡大

今年も海水浴の季節がやってきましたね。新作の水着もお目見えし、素敵なビキニを着るため、今まさにダイエットに励んでいる人もいるのではないでしょうか。

海やプールの楽しみといえば、ビーチやプールサイドでの食事。腹ごしらえしてからひと泳ぎという人も、休憩に何かつまんでまた泳ごうという人も、実は泳ぐ前に口にする食事が意外と大切だって知っていましたか?

その時の気分で食べたいもの、飲みたいものを食べたり飲んだりしていては、そのあとに大変なことになってしまうかもしれませんよ!

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外情報サイト『GOOD HOUSEKEEPING』などの記事を参考に、“泳ぐ前に食べてはいけないもの”5つをご紹介します。

今年の夏、ビーチやプールに行く予定がある人は、さっそくチェックしてみてください。

 

■1:フルーツジュースやコーラの甘いもの

暑い夏、シュワシュワっとコーラが喉を通るあの爽快感はたまらないですよね。しかし、ソーダ類やフルーツジュースは糖分が多いため、お腹が張ったり痛くなったりする可能性があります。

水分補給をするなら、お水かスポーツ飲料にして、それらは泳ぎ終わったあとにとっておきましょう。特にお子さんはジュースを飲みたがりますので、気をつけてあげましょう。

 

■2:コーヒー

よく、運動前にカフェインをとると効率良くエネルギーが消費できると言われていますが、泳ぐ前に関してはやめておいたほうがいいでしょう。

コーヒーやエナジードリンクに含まれるカフェインは、水泳中に下痢や吐き気を誘発する可能性があるのです。

しかもコーヒーを飲むと体から水分が奪われて喉が乾くので、あまりお勧めはできません。

 

■3:アイスクリーム

夏のおやつの定番といえばアイスクリーム! しかし、脂肪分の多いアイスクリームは、消化不良や胸焼けの原因になるので水泳前は控えましょう。

どうしても食べたいというのであれば、シャーベットや、かき氷などの軽めのもののほうがいいですね。ただし、食べすぎるとお腹が痛くなるのでご注意を!

 

■4:セロリ

セリ科の植物を食べると、紫外線に反応して肌が荒れたり、痒くなることがあると言われています。

ヘルシーなイメージがあるだけに意外かもしれませんが、これからはプールサイドでかっこ良くスティックサラダやグリーンスムージーを飲むのは、やめたほうが良さそうですね。

できれば、海水浴やリゾートに出かける数日前から食べるのを控えたほうが安心ですよ。

 

■5:スパイシーフード

泳いでいる時、私たちの体は水平になりますが、そうすると胃酸が逆流してしまいます。特に辛〜いものは、いっそいう悪化させてしまうので水に入る前は避けたほうが良いでしょう。

海の家でカレーなど食べることがあるかもしれませんが、ちょっと避けておいたほうが良いかもしれませんね。

 

以上、“泳ぐ前に食べてはいけないもの”5つをご紹介しましたがいかがだったでしょうか? ここには挙げていませんが、もちろん、アルコールもほどほどにしないと命の危険に関わります。

安全に、気持ち良く海水浴を楽しむために、今年は食べ物にも気をつけてみましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 夏バテ予防と「夏バテしたとき」に食べた方がよい食事は違うって知ってた?

※ お腹がピ〜!海水浴でトホホな思いをしないために避けるべき食べ物

※ 命のキケンが!子どもが「水難事故を起こしかねない」親のNG行動3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 【特別対談】管理栄養士×教授が激白!? あなたの腸が不調である本当の理由

※ 知らないと損!キレイママはこっそり使っている「こだわりシャンプー」

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

※ これじゃ働くのムリ!入園後「一気に忙しくなる」幼稚園の特徴6つ

※ 「家事に参加したい夫」が急増中!カジメン、イクメンに育てるコツまとめ

 

【参考】

※ 7 Foods You Should Never Eat Before You Swim - GOOD HOUSEKEEPING

 

【画像】

※ kurhan / Shutterstock