宇佐美貴史や酒井宏樹が体脂肪率を落とすために始めたことは?

写真拡大

昨年4月、日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督が選手の体脂肪率について言及したのは記憶に新しい。

「体脂肪の多さは準備ができていない証拠」と指摘し、選手に体調管理をするよう求めたのだ。

この記者会見のなかでハリルホジッチ監督が例に挙げたのが宇佐美貴史だった。ハリルホジッチ監督によれば当時の宇佐美の体脂肪は14.1%であり、「多くのことを変えないといけない」とコメント。

また、11.5%以上の体脂肪を記録した選手が13人もいることが判明し、理想は9-10%であることを明かした。

そんな宇佐美はこのほどアウクスブルクへと移籍したが、ドイツへの出発時、こんなことを紹介していた。

こちらは羽田空港からミュンヘンへと向かう際の宇佐美のInstagram。

キャプションにあるハッシュタグをご覧いただきたい。宇佐美によれば、今回の渡独を期に「グルテンフリー」なる食事生活を始めたのだそうだ。

グルテンフリーとは、主に小麦や大麦などの穀物に含まれるたんぱく質「グルテン」を摂取しないことで健康を維持したりダイエットを促す食事方法だ。こうした成分には食欲を促進させる働きがあり、また血糖値が急上昇することで結果的に太りやすくなるという。

一般的にグルテンは、パンやうどん、ピザやパスタなど日本人の食生生活と関係が深い料理に含まれている。

そのためかなりの食事制限を強いられることとなるが、宇佐美はドイツで体調維持のため新たなチャレンジをしているようだ。ちなみに、欧米は食への健康意識が高く「グルテンフリー」と書かれた食材も多いという。

このグルテンフリー生活を始めたのは宇佐美だけではなかった。

マルセイユに移籍した酒井宏樹は、自身のInstagramにこんな写真を投稿。

こちらは、酒井が毎日訪れているという日本食レストラン。

酒井によればこのお店は「グルテンフリー、Bio食品をわざわざ提供してくれる」ようで、グルテンフリーを意識しているようだ。ちなみに、酒井が紹介している「BIO食品」とは、健康や安全性を重視し有機栽培などで作られた農作物や加工品、家畜のことである。

昨年4月、ハリルホジッチ監督が発表した酒井の体脂肪率は11.6%。やはりあの記者会見から食生活を改めるようになったようだ。