古い歴史を持つ河北省の藁城宮麺は、生地作りから切り分けと引き伸ばしを繰り返し、全部で10以上の工程を経て、食卓に届けられる。宮麺は「針に通るほど細く、麺には空洞があってコシがある」という独特な特徴をもつ名産で広く知られている。

写真拡大

古い歴史を持つ河北省の藁城宮麺は、生地作りから切り分けと引き伸ばしを繰り返し、全部で10以上の工程を経て、食卓に届けられる。

【その他の写真】

宮麺は「針に通るほど細く、麺には空洞があってコシがある」という独特な特徴をもつ名産で広く知られている。中国国内のみならず、日本、マレーシア、シンガポール、イギリス、ロシア、アメリカ、カナダなどにも輸出されており、2013年には河北省の無形文化遺産に指定された。(提供/人民網日本語版・編集YK)