18日、人民日報は、日本で暮らす華人の参議院選挙の投票について紹介した。写真は参院選のポスター。

写真拡大

2016年7月18日、人民日報は、日本で暮らす華人の参議院選挙の投票について紹介した。

千葉県に住む華人の芳(ファン)さんは、今回の参議院選挙で政策の実現性や、それに伴う代償についても考えた。「自民党、民主党、自民党と政権交代を経験した中で、華人の有権者はより冷静になり、成熟してきた。口先のスローガンを簡単には信じなくなった」と話した。

芳さんは、隣に住む日本人男性と選挙前に話をした。男性は、一つの党が強くなりすぎることで憲法改正の可能性が生まれることを危惧していた。日本が再び戦争の道に走ることは絶対に許せないとの立場で、与党に最もバランスが取れそうな野党を選ぶと話していたという。しかし、その政党は芳さんが支持する政党とは対立していた。

東京に住む華人の陳(チェン)さんは、息子と一緒に投票に行ったが、選んだ政党は異なった。陳さんは当然のように民進党を選んだが、日本で生まれ育った息子は自民党に投票した。今回の参議院選挙から選挙権を得た息子は、まだ学生だが、選挙について考えていた。息子は、「野党には絶対に入れられない。特に国会の論争を見て、野党は信用できないと感じた」という。最大野党も含め、他の小さな野党も日本のかじ取りを行う能力はないように見えた。

親子の話し合いの中で、陳さんは息子に民進党に入れるよう勧めたが、最終的には反論できなかった。息子は自民党が好きなわけではなく、ほかに選ぶところがないため、経験のあるところを選んだとも語ったそうだ。陳さんは、息子や息子の友達は今回の選挙に積極的に参加したと語り、18歳以上に選挙権が与えられたことについて、長い目で見れば若者が(政治について)考えることを促すきっかけになると話している。

今回、選挙に参加した華人有権者の中には、これまであまり選挙に行っていなかったという人が多かった。「政治は政治」と自分には関係がないと思っていたことが原因だったが、日本の不景気や国会の様子を見て、自分の権利を放棄すべきでないと感じた人が増えたようだ。

近年、華人の主な投票先は自民党と民進党(旧民主党)だったが、このほど行われた調査では、この二つの政党がどちらもやや信用を失い、代わって共産党への支持が高くなっているという。(翻訳・編集/北田)