2位岡村隆史!「本当は根暗そうな男性芸能人」1位3位のジャニは

写真拡大

誰しも、人前では“外面”があるもの。それは大勢の人の前に出る芸能人なら、なおさらでしょう。中にはきっと、テレビでは頑張って場を盛り上げているけど、ひとりになると影のように暗くなる人もいるはず。

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に「テレビでは明るいけれど、実際は“根暗そう”と思う男性芸能人は?」というアンケート調査を実施。気になる結果をランキング形式でご紹介します。

■実際は根暗そうな男性芸能人1位は……中居正広!

1位:SMAP・中居正広(9.2%)

2位:ナインティナイン・岡村隆史(8.6%)

3位:SMAP・香取慎吾(7.4%)

4位:爆笑問題・太田(7.2%)

5位:小島よしお(6.8%)

堂々の1位には、国民的アイドルSMAPの「中居正広」が選ばれました。アイドルとしてだけでなく、いまやMCとしても大活躍で、夏季大会・冬季大会を通じ7大会連続でTBSの五輪キャスターに抜擢されたのも記憶に新しいところ。

まさに明るいイメージしかない中居正広ですが、一方でテレビ番組で語る自身の私生活はかなり地味。過去には「食事は、ほとんど家でひとりで食べる」と発言し、後輩から食事に誘われても「無視する!」と言い切ったことも。

このような言動から「中居くん、もしかして人嫌いなのかな?」「休日は家にずっと引きこもってそう」と思われ、1位にランクインしたようです。

■2位:ナインティナイン・岡村隆史

2位には「ナインティナイン・岡村隆史」がランクイン。小さな体で動き回り、テレビ番組ではつねにハイテンションを見せています。

が、実際は極度の人見知りで、カメラが回っていないときはかなり根暗ということを、他の芸人から指摘されることもたびたび……。

この頑張りがたたったのか、過去には体調不良で5ヶ月間の休養を余儀なくされました。人々からも「暗いというのをよくネタにされているから」、「テレビではハイテンションだけど、実は根暗というのがキャラになりつつある」という声が挙がりました。

これからも無理をしすぎず、お茶の間に笑顔を届けてほしいですね。

■3位:SMAP・香取慎吾

3位には、1位に引き続いてSMAPの「香取慎吾」が入りました。大きく口を開けた笑顔がトレードマークで、SMAPの中でも最も明るくフレンドリーなイメージがあります。

が、一方でプライベートでは「他人には絶対に連絡先を教えない」と語ったり、ドラマで共演した小栗旬に飲みに誘われたものの、「俺そういうの行かないから無理だよ」と断ったりしたという逸話もあるほど。

「踏み入れてほしくない領域がはっきりしてそう」、「テレビで明るく振る舞ってても、目が笑ってないときがある」、「なんか闇を感じる」との声が挙がりました。

以上、「テレビでは明るいけれど、実際は“根暗そう”と思う男性芸能人ランキング」を紹介しました。ランクインした人々が、時折見せるギャップもこれまた面白いもの。これからもどんな二面性を見せてくれるか、活躍を楽しみに期待しましょう。

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 7: Takashi Okamura and Hiroyuki Yabe of comedy duo Ninety-nine attend Fuji TV special program press conference on September 7, 2014 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)