バイきんぐ・西村瑞樹

写真拡大

17日放送の「ニノさん」(日本テレビ系)で、お笑いコンビ・バイきんぐの西村瑞樹が、コンビ解散に怯えていることを明かした。

番組では「私、実はクレームがあります!」と題し、ゲスト出演者が「好きだからこそ普段言えない愛あるクレーム」を本人に直接ぶつけた。その中で西村は「小峠よ!俺を見捨てないでくれ」と、相方の小峠英二に対するお願いをした。

西村は、4年前に「キングオブコント」で優勝してから、小峠がピンで活動したいとの願望を強めていると主張。小峠を前に西村は「小峠のピンになりたい言動とか行動が目立つようになった。僕はいつ小峠から解散を告げられるかと思うと、ノイローゼになりそう!」と、声を荒らげて訴えた。

小峠は「考えたこともない」と一蹴したが、西村は証拠をまとめた年表とともに証言していった。小峠ひとりだけでの仕事が増えていたり、サンプラザ中野と「坊坊主」というユニットを組み活動したりなど、西村がコンビの解散を予感せざるを得ない出来事を挙げていったのだ。

しかし、小峠は西村の発言に理解を示しつつも、自分はコンビの活動につなげるためにピンの仕事を頑張っているのだと主張。最終的には、嵐の二宮和也から誓約書を結ぶよう提案され、ふたりは「未来永劫解散しない」「小峠は解散を心配させる言動・行動を行わない」「西村は被害妄想を慎む」と記された誓約書にサインしていた。

【関連記事】
小峠英二が40歳ニートの芸人・林健太郎に怒声「帰れ! クソニート!」
小峠英二がじゃんけんに負け17万円分の旅行費を負担「なんて日だ!」
小峠英二が元カノ・坂口杏里のVTR出演に仰天して焦る