まるで戦場に行くかのよう:米大統領選・共和党大会に赴く写真家たちの装備

写真拡大

大統領選、とくにトランプ陣営はジャーナリストにとって「危険な戦場」なのかもしれない。7月18日(現地時間)から開催される共和党全国集会に備え、現地に向かう彼らに、その装備内容を訊いた。

「まるで戦場に行くかのよう:米大統領選・共和党大会に赴く写真家たちの装備」の写真・リンク付きの記事はこちら

2016年は、米国の政治にとって「人々が記憶している限りにおいて最も手に負えないシーズン」だった。7月18日(米国時間)、共和党全国集会(RNC: Republican National Convention)への支援(あるいは抗議)のために全国から人が集まり、これまで米国で起きたあらゆる騒動がクリーヴランドに集結することになる。

より正確に言えば、彼らは近年のアメリカの混乱を象徴するドナルド・トランプのためにここに集まることになる。

INFORMATION

現在、連載中! ザ・大統領戦「Super Election」

米大統領選は、新たなテクノロジーが社会を変えていく現場だ。全米を舞台に立ち現れるさまざまな事象を、デザインシンカー・池田純一が読み解く。2016年11月、雌雄が決するその瞬間までのドキュメント。

こうした対立をとらえるのは、この国のフォト/ヴィデオジャーナリストたちだ。彼らの多くは「防護用の装備」を準備している。装備とはケブラー繊維のヴェスト、ヘルメット、ガスマスクなどであり、戦争地域でもない限り通常はクローゼットにでもしまわれてしかるべきものだ。

「『アラブの春』の取材のときと同じ装備です」

「わたしは、防弾チョッキを含め普通なら持っていかない特別な装備を持参する予定です」と、ティモシー・ファデクは言う。彼は『WIRED』をはじめ、ドイツのいくつかの出版社に写真を提供するフリーランスの写真家だ。「ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、公然と銃器を携帯できるオハイオ州のポリシーについて読んで初めて、より深刻に考えるようになりました」

防弾チョッキだけでなく、彼が携行する予定だった催涙ガスから身を守るための換気弁付きマスクとスケートボードヘルメットは、人々が石や瓶を投げ始めたときのための備えだ。「これはカイロの革命を取材したときくらいの装備です」と、ファデクは言う。彼は2011年、『Time』誌のためにエジプトで起きた「アラブの春」蜂起を取材している。

その他のヴェテラン写真家たちも同様の想定をしている。そして、同様の予防策を講じている。

「20年のキャリアにおいて世界中の戦争や紛争を取材してきましたが、この手の物事については少し軽く考えていて、いつも、そんなに酷いことにはならないだろうと思っていました」と、Getty Imagesのスタッフフォトグラファー、スペンサー・プラットは言う。「しかし、ここ数日間クリーヴランドについてのドキュメントを読んでいますが、かなり激しくなっているようです」。プラットは、装甲板は家に置いていくが、ヘルメットとフラックジャケットは持っていくと言う。

ヘルエンジェルス、ブラックパンサー、その他

政治的な抗議活動を取材するときに予防策を講じるのは普通のことだ。しかし、今回のクリーヴランドの1件は少し違うようだ。

その理由のひとつは、政治的緊張から来るもめごとが米国中で増えてきていることだ。多くの反対派グループがRNCに集結すると見込まれている。また、ヘルエンジェルズやブラックパンサーズ、あるいは白人国家主義組織を含むグループの多くは、公然と武器を所持する権利を行使する計画を立てている。「政治的な抗議活動はいつも危険でした」と、プラットは言う。「しかしいまは、これまでよりもっと危険です」

トランプ支持者たちの罵声が怖い

フェデクは、報道機関に対するトランプの敵対的な態度についても心配していると言う。

トランプのキャンペーン会場では、彼が集会を取材しているメディアをバカにするのがお約束だ。「彼が自らの支持者に徐々に教え込んだネガティヴな口調を考えると、(会場で)自分が取り上げられて嫌がらせを受けるのではないかと思ってしまいそうです」

プラットはそこまでは心配していない。それはショーの一部に過ぎないと彼は言う。「6カ所の集会を取材しましたが、ブレイトバートから来た女性が腕を引っ張られたのを除いては、事態が手に負えなくなったことを見たことがありません」と、彼は言う。

そんな周到な準備をしない人もいる

両者とも、不必要なものは何も着たくないと言っている。RNC中のクリーヴランドは、エリー湖の湿気と中西部の雷雨を伴い、気温は25度を超える見込みだ。

2人のフォトグラファーは早くにその街に到着してたので、雰囲気を感じ取ることができた。もし現地の雰囲気がクールダウンしたものであれば、持参した防護装備がスーツケースから出されることはない。

なかには、わざわざ面倒なことをしないフォトジャーナリストもいる。「ヘルメットやガスマスクは持っていきません」と、フリーランスのアンドリュー・リヒテンシュタインは言う。彼は鎧やヘルメットは、自分自身と取材対象者の間に心理的な距離をつくってしまうと言う。

RELATED

リヒテンシュタインの場合、暴動についてはあまり心配していない。

「これらの状況のほとんどが大げさに伝わっていると思う。例えば、ちょっとした建物などの損壊が無政府主義の小規模グループによって引き起こされた場合なども、面白いストーリーを探すメディアによって大げさに伝えられるものだ」と、彼は言う。また彼は、装備がなければいざというとき走りやすい、とも語った。

関連記事ピーター・ティールはなぜトランプ支持?