人間関係のトラブルで相談を受けた時、いろいろ提案をしてみても「どうせ何を言ってもムダだからもう何も言わない」という結論を出す人っていますよね。無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』では、これは「単なる逃げ」と断言。では、そんな人にはどんな言葉を贈るのが最適なのでしょう?よくアドバイスを求められる立場の方はもちろん、自身のコミュニケーション能力に自信がない方にも必読の内容です。

嵐の中に突撃だ

人間関係でトラブルを抱える人から相談を受けることがあるんですが、こういう人の話を聞いていると良く出てくるセリフが、「どうせ言ってもムダだから言わないのよ」だったりします。

確かに過去何度か言っても通じなかった、理解してくれなかった、言うことを聞いてくれなかった、思った通りに動いてくれなかったことがあるんでしょう。でもそれって「言ってもムダ」だったんじゃなくて、言い方、伝え方がダメだったということなんですよ。

ここに気付かず、言うべきことを言わなくなった結果、泥沼の関係性になっちゃう人が多いんです。というか、私にそういう相談をして来る人のほとんどがこのパターンです。

そしてこういう人の深層心理って、実はもうひとつ別の次元にあるんです。口では「言ってもムダだから」と言うんですが、こころの中ではそうではなくて、「自分が言うことによってイザコザになってしまうのがイヤ」なだけなんです。でもさすがに、グチャグチャ面倒なことになるのがイヤだから言いたくないとは言えずに、相手に非があると思わせるために、「言ってもムダだから」と言っているんですね。

これ、本当のところは、「あんたの伝え方が悪いから思った通りに動いてくれないんだよ」と言いたいのですが、ここについては次回解説をしましょう。だってここが分かっても、このワザを磨くまでには何度も試行錯誤が必要で、その過程では間違いなく何度も「イザコザが起こったり」、「面倒な話になったり」するんですから。それがイヤだと言う人は試行錯誤が出来ませんから。つまり、伝え方のスキルが低いんですよ、と教えてあげることはこの場合の解決策にならないんです。

根底にある問題は、「面倒なことから逃げ出そうとする気持ち」にあるんです。何かを伝えた、やらせた、お願いした、でも期待した結果にならなかった。ここでコミュニケーションを進めた結果イザコザが起こった、トラブルになった、最悪のケースではケンカになった。だからもう懲り懲り、もうあなたには言いません、というのは逃げているだけですから。その考えが最悪なんです。

トラブル? ケンカ? 上等じゃないか、トラブったら解決するまでテッテー的にやり合おうじゃないか。相手がこっちの意図を理解するまで何度でも言ってやろうじゃないか。と考え、これを実践することがコミュニケーションで最も重要で、本当はこのガッツのことをコミュニケーション力と言うのです。

コミュニケーション力って、上辺のテクニックのことではなくて、伝わるまで諦めずに言い続けるという根性のことなんです。これを持っている人が段々と上辺のテクニックを身に付けることが出来るんです。そりゃそうです、初めのうちはしょっちゅうイザコザが起こりますから。そうしたらそれを解決させるために色々やって経験値を身に付けるわけで、それが続けばそりゃ誤解なく伝えられるようになりますわ。

ですから、コミュニケーションに問題がある、人付き合いに障害があるという人に贈るべき言葉は、「何があっても逃げるんじゃない」だったりするんです。

image by: Shutterstock

 

『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』

著者/佐藤しょ〜おん

高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て無料で公開。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信する。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!