グローバルフィットネスライフスタイルブランドのリーボックは、世界9か国9000人を対象に、「人の平均的な人生の長さと運動についての関係」を調査したところ、平均的な人⽣の長さは「2万5915日」であり、そのうち、人が運動に費やす時間は、わずか「180日(=4320時間)」、なんと人生の「0.69%」しか費やしていないことが判明した。

「人の平均的な人⽣の長さと運動についての関係」を調査 「人の平均的な人⽣の長さと運動についての関係」を調査

これらの調査結果を受け、リーボックは「2万5915日」をテーマにしたブランドムービーを公開中だ。この動画は、人生において心から走ることが大好きな女性の一生を、⾼齢期から子供時代にさかのぼり語られるもの。主人公の女性を通し、私たちが与えられた時間、身体を尊重し、笑顔でより充実した人⽣を、より健康的な日々を過ごしたいという気持ちを掻き⽴てられる内容となっている。

また、日本では、フィットネス、トレーニングの分野でプロフェッショナルとして活躍する「ReebokONEアンバサダー」である現役トレーナー、インストラクターに対し、この調査結果に対するアンケートも⾏なった。それによると、⽣涯を通して1日1時間程度の運動を習慣づけ、180日(4320時間)を1079日(2万5896時間)程度に伸ばすことが理想との意⾒が得られた。

■動画はこちらから

関連情報

https://fitness.reebok.jp/topics/be-more-human-26K-movie

文/編集部