思わず二度見!“N”じゃなくて“にゅ”な本格スニーカー

写真拡大

独創的なロゴデザインで人気急上昇中の靴工房サンガッチョ「にゅ〜ず」から、新作スニーカーが発売されました。

「にゅ〜ず」は、自身がスニーカーコレクターという製作者が、イタリア留学時に感じたひらがな独特の形状と響きからデザインしたスニーカー。アッパー横に「にゅ」という大きなロゴを配した大胆なデザインが特徴です。

日本人が作る日本人向けスニーカーだからこそのフィット感

今回発売されたのは「にゅ〜ずGT-40」(2万8620円)と「にゅ〜ずYellow」(2万5920円)の2種類。

「にゅ〜ずGT-40」は、80年代にアメリカのラッパーが紐なしでスニーカーを履いていたことからインスプレーションを得たスリッポンタイプです。ビンテージ感のあるメタリックブルーとレーシングストライプが個性的な仕上がりになっています。

20160718_sangacio0120160718_sangacio02

 

「にゅ〜ずYellow」は、ブーム真っ盛りの80年代後半のスニーカーを意識した、ライム色掛かった黄色×紺色というカラーリングが特徴です。

20160718_sangacio0320160718_sangacio05

もちろんデザインだけではありません。日本人の足にフィットするよう自主制作された木型を使用しているので、つま先の反りが少なく安定感が違います。インソールも5mmの低反発ウレタンと起毛したウール生地で、柔らかく包み込まれるような履き心地なんです。

オシャレは足元から。誰もが思わず二度見する「にゅ〜ず」のスニーカーで、個性的なオシャレを楽しんでみませんか?

サンガッチョ >> http://sangacio.base.ec/

(文/&GP編集部)