男は母親似の女性に惹かれるってホント?既婚男性に現実を聞いてみた!

写真拡大

男の子はお母さんが大好きだから、母親に似た人と結婚する……なんて言われることもありますよね。でも、本当にそうなんでしょうか? やっぱり自分の奥さんと、母親はよく似ている? 今回は既婚男性100人に、奥さんが自分の母親に似ていると思うかどうかを聞いてみました。
妻は自分の母親に似ていると思いますか?
NO 76人

YES 24人

­

実際には、「NO」の人が多数派でした。母親とは別のタイプの人を配偶者に選ぶことが多いようですね。まずは「NO」の人の意見を聞いてみました。
母親とは真逆のタイプ
むしろお母さんと違うタイプをあえて選んだ、という人も多いようです。身内にはどうしても目が厳しくなるもの。そんな身内と同じ欠点や性格をもつ人とは、結婚したくないと考えたのかもしれませんね。

­

・「そもそも嫁と姑は馬が合わず、真逆なタイプ。食べ物の好みや服のセンス、物事の考え方、何一つ似ていない」

­

・「外見も性格も母とは正反対。マザコンでもないので正反対の女性を選んだと思う」

­

・「自分がパートナーに求めたことは母親に似ていることではありません。まったく母親とは非なるものを求めていました」

­

・「性格が正反対です。母は几帳面で心配性。妻は何事にも割とおおざっぱ」

­

・「全くと言ってもいいくらい、正反対な人。母親が好きではないので、その反動もあると思います」

­

・「母は私を束縛していたので、全く束縛しない妻を好きになったのだと思います」

­

・「母親はだらしない人だったので、しっかりした人を結婚相手に選びました」

­

・「自分が母親に似ていてかなりおっちょこちょいなので、かなりしっかりした妻を選んだつもりだ」

­

・「母親がかなり几帳面だったので、そうでない人をと……。今は、ルーズ過ぎたので、少し後悔しています」
考えてみれば、全く似てない
意識はしていなかったけれど、改めて考えると、似てないな〜という答え。無意識に親とは違うタイプを選んでいるのかも。

­

・「母親を意識して女性を選択しているわけではありませんが、妻は母親より身長は高く、また母親と違って運転もするし飲酒もしますから、無意識に正反対、こうあってほしいという人を求めたのかも」

­

・「妻と母に同じ質問をすると、たいてい違う答えが返ってくるからです」

­

・「似てない人を選んだつもりはないが、容姿も性格も全然似てないと思う」

­

・「特に考えずに結婚したが、結婚してから自分の母とは真逆の性格だと思った」

­

・「特に母親を意識したことはありませんが、妻はとにかく一緒にいて落ち着く人であることは間違いないです。母親と一緒にいて落ち着くことはありませんが。しいて言えばそこでしょうか」

­

一方、「YES」と答えた人の意見は、どうでしょうか?
似ているから好きになったのかも?


意識していなくても、なんとなく母親に似ている人を選んでいた、というパターン。ある意味で、とても恵まれた家庭環境だったのかもしれませんね。

­

・「かなり似ています。顔だけでなく性格もです。嬉しいやら悲しいやら」

­

・「作る料理の味付けなどが似ていると思います。そこが気にいっています」

­

・「確かに言われてみれば、母親と同じで体形で、メガネをかけた女性だった」

­

・「趣味や考え方は違うけど、人の話を聞いていない天然なところがなんか似てると思う」

­

・「外見は似ていないが、性格や物の考え方が似ている。妻が母親に似ているから好きになったのかも」

­

・「母親に似ている人を好きになった自覚はありません。ただ、私は高学歴で背の高い美人が好きだったはずなのに、いろいろお付き合いして、結婚した相手は、理想像とは正反対の母親似の人でした」
結婚後に似ている部分が発覚!
似ているとはちっとも思っていなかったのに、結婚後に自分の母親に激似の部分が発覚! 昔はそうではなかったのに、という嘆きも聞こえてきます。

­

・「『3億円当たらなくてもいいから、せめて1千万円当たって欲しい』という、謙虚そうでいて図々しい言葉を聞いた時。母親も嫁もまったく同じことを言ったのでびっくりした」

­

・「自分の価値観と考えだけで、なにかと口うるさくいうところが似ている。結婚する前はおしとやかだったのに」

­

・「以前はそう思いませんでしたが、最近小言が多くなり、嫌味も多く、よく似てきました」

­

・「なぜか妻の何気ないしぐさが、自分の母親に似てきたような気がします……」

­

全体としては、7割以上の人が「妻と自分の母親は似ていない」と回答しました。むしろ、あえて逆のタイプの女性を選ぶ人も少なくないようです。人は自分と違うタイプの異性に惹かれるといいますから、母親と逆のタイプを選ぶことで、自分ともまったく違うタイプの異性を無意識にチョイスしているのかもしれませんね。それにしても、「なぜか最近、母と妻が似てきた」という回答には笑ってしまいますね。ご主人としても意外な発見だったかもしれません。

­

文/吉田直子

※暮らしニスタ編集部が既婚男性100人を対象に行ったアンケート調査より

­

写真© liza5450 - Fotolia.com

写真© sunabesyou - Fotolia.com