【VW ゴルフ クラブスポーツ試乗】特別なGTIは迫力満点!走りは望外に快適

写真拡大

「スポーツタイプのクルマなので、皆さんかなりハードに乗られているようでして…」。そうおっしゃったのはフォルクスワーゲンの人。苦笑いとともに「タイヤの状態があまり良くないんです」という言葉が続きました。

なるほど確かに、フロントタイヤのショルダー部分はほとんど溝がなくなっている。「いかにもハイパワーFF車らしい減り方ですね。ドライバーの方は、アンダーステアを出しながらコーナリングを頑張ったのでしょう」と知ったかぶりしようかと思いましたが、恥ずかしいのでやめました。

今回ドライブしたのは、フォルクスワーゲン「ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション」。うーん、ルノー・スポールやマツダスピードのクルマに負けず劣らず、車名が長い! その名のとおり、ゴルフのハイパフォーマンスグレード(=GTI)の、特別仕様(=クラブスポーツ)の、ハード寄りなバージョン(=トラックエディション)です。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

もう少し具体的に紹介すると、FFスポーツたるゴルフGTIの足まわりを硬め、4WDのトラクションに合わせて開発された「ゴルフR」用のハイパワーエンジンを少々デチューンして搭載したモデル。しかも、“ストリート”(街乗り)ならぬ“トラック”(競技)エディションですから、かなりハードなドライブフィールが予想されます。まぁこの予想は、あっさりと覆されるのですが…。

日本市場では400台の限定販売(ピュアホワイト:200台/カーボンスチールグレーメタリック:200台)となり、価格は469万9000円。トップ・オブ・ゴルフの4駆モデル=ゴルフR(DSG)より80万円お安く、伝統輝くスポーツバージョン=GTI(DSG)と比較して70万円お高いプライス設定。ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディションの、モデルヒエラルヒーにおける立ち位置が、プライスタグに分かりやすく表れています。

 ■構えて走り始めたら…予想外に乗り心地良好!

そのクルマは薄暗い駐車場にうずくまり、静かに獣のオーラを発していた…、なんて表現はいささか大袈裟ですが、身も心も品行方正なモデルが多いフォルクスワーゲン車の中で、ゴルフGTI クラブスポーツ トラックエディションは、なかなかドスの利いたスタイルを持っています。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

まず、一見して“シャコタン”です。サスペンションそのものがローダウンされている上、ホイールがノーマルのGTIより1インチアップの18インチとなっているので、タイヤとホイールハウスのすき間が狭い。スポーツモデル好きなら、そこを見ただけで「ニヤリ」とすることでしょう。専用ホイールには、225/35の薄いスポーツタイヤ、ピレリ「P-ZERO」が巻かれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

フロントバンパーのサイドには派手なフィンが付き、グリルはハニカムタイプ。ルーフエンドには大きなスポイラーが装着されます。ルーフは、軽量化のためにカーボンファイバー製…ではなく、光沢あるブラックにペイントされ、スペシャルモデルであることを主張します。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

ただ者ならぬ外観のスペシャルGTIですが、ドアを開けるとさらに「オッ!」と思います。レーシーなレカロ製バケットシートがドライバーを待ち構えていて、人工スエードのアルカンターラが巻かれたステアリングホイールは、頂点部分に赤いマークが施されます。これを見たら、ニュルブルクリンクの北コースで、FF量販車として最速タイムをたたき出した「ゴルフ GTI クラブスポーツS」に想いを馳せずにはいられません!

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

各部の赤いラインやステッチがアクセントになっているのも素敵ですが、個人的に「カッコいい!」と感じたのは、エンジンスタートの“儀式”が、キーをステアリングコラム右横のキーホールに挿して回す旧来からの方法だったことと、シート調整が手動だったこと。いかにもスパルタンで、なんだかヤル気が出るじゃないですか。

ちょっとばかり残念なのは、こうした簡素な仕立てが実際の軽量化にはつながっていないことで、クラブスポーツ トラックエディションの車重は、ノーマルGTIより40kg重い1430kg。それでも、Rの1500kgよりは軽いのだから「よし」としましょうか。

先にネタバレさせてしまいましたが、すごみのある内外装からハードな乗り心地を覚悟して走り始めたところ、全く拍子抜けでした。むしろ落ち着いた、地に足が付いた(←当たり前ですが)乗り心地が印象的。スポーツモデルというより、高級車のそれですね。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

クラブスポーツ トラックエディションにも、アダプティブシャシーコントロール“DCC”を含んだ“ドライビングプロファイル機能”が搭載されており、最初に試乗した時点では「コンフォート」に設定されていました。

このドライビングプロファイル機能は、エンジン、トランスミッション、サスペンション、ステアリングのパワーアシスト、さらにはエアコンまでを統合制御するシステムで、「エコ」「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」、そして各要素を個別に設定する「インディヴィジュアル」からモードを選べます。

クラブスポーツ トラックエディションの場合、エコとスポーツはやや極端な設定になりますが、コンフォートかノーマルのいずれかにセットしておけば、同乗者から不満が出ることはないはず。個人的には「コンフォート」がオススメ。クラブスポーツの外観に「ギョッ!」とした人も、走り出してしまえば、「さすがはドイツ車だねぇ」と感心することでしょう。

もちろん安楽なだけでなく、やるときはヤリます。フロントに横置きされた2リッター直噴ターボの最高出力は265馬力。ノーマルGTIのそれを45馬力上回ります(最大トルクは35.7kg-mで同じ)。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

しかも、スロットルペダルを踏みつければ、約10秒間にわたって最高出力290馬力、最大トルク38.7kg-mにブーストアップされます。ゴルフRのスペックが280馬力と38.7kg-mですから、クラブスポーツ トラックエディションは、一時的とはいえ“キング・オブ・パワー”のゴルフとなるわけです。ゴルフRより80万円安い価格が、にわかにバーゲンプライスに感じられてきませんか?

その上、ノーマルGTIではオプションのナビゲーションシステム、アダプティブシャシーコントロールの“DCC”、18インチホイール、さらには、専用の内外装も与えられるのですから、469万9000円はリーズナブルといえるかも。

さらに! クラブスポーツ トラックエディションには“電制制御油圧フロントディファレンシャルロック”ことフロントLSDが装備されるんです!! いうまでもなく、ハードコーナリングでトラクションが抜けがちな内輪のトルクを、多板クラッチを使って外輪に移してくれる頼もしいデバイスです。

ノーマルGTIが、内輪側に軽くブレーキをかけることでLSDの代用としているのと比較すると、いかにも本格的です。これならタイトな“曲がり”も、ステアリングを切ったとおり、グイグイと曲がってくれるに違いありません!

…といっても、物理的な限界を超えることができないのは、試乗車の、フロントタイヤの、すり減ったショルダー部分が証明しておりますが。

何はともあれ、迫力あるスタイル、意外な乗り心地の良さ、高いポテンシャル。今、ゴルフGTIを購入しようと検討中のユーザーは、もしかしたら「実にラッキー!」といえるのかもしれません。

すでに限定400台のうち、半数は行き先が決まってしまったとのウワサもあります。長い車名のゴルフが少しでも気になるようでしたら、まずはディーラーへ足を運んでみてはいかがでしょう?

<SPECIFICATIONS>
☆GTI クラブスポーツ トラックエディション
ボディサイズ:L4275×W1800×H1470mm
車重:1430kg
駆動方式:FF
エンジン:1984cc 直列4気筒 DOHC ターボ
トランスミッション:6AT(デュアルクラッチタイプ)
最高出力:265馬力/5350〜6600回転
(ブーストアップ時:290馬力)
最大トルク:35.7kg-m/1700〜5300回転
(ブーストアップ時:38.7kg-m)
価格:469万9000円

(文&写真/ダン・アオキ)