アニメ「甘々と稲妻」の第3話『つむぎとおまたせのハンバーグ』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C) 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「甘々と稲妻」の第3話『つむぎとおまたせのハンバーグ』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第3話では、幼稚園でつむぎがみんなにもらった粘土でハンバーグを作り、持ち帰ろうとしてミキオから泥棒と言われる。犬塚は、落ち込むつむぎのためハンバーグを作る/(C) 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

本作は、一人娘と二人で暮らす高校教師・犬塚公平が、ふとしたきっかけで教え子の女子高校生と3人でご飯を作って食べる食卓ドラマ。妻を亡くした犬塚は、一人娘のつむぎを育てながら家事をこなしてきた。ある日、母親が料理店を営む女子高校生の飯田小鳥と出会った犬塚は、つむぎに手料理を食べさせるため一緒にご飯を作る。

【第3話『つむぎとおまたせのハンバーグ』】

幼稚園でつむぎが、みんなからもらった粘土でハンバーグを作って持ち帰ろうとすると、ミキオから泥棒だと言われてしまう。迎えにきた犬塚はつむぎを家へ連れて帰り、抱き締めるが、翌日になってもつむぎは落ち込んだままだった。つむぎに元気を出してもらうため、犬塚は小鳥と一緒にハンバーグを作ることにする。

なお第3話は、TOKYO MXでは7月18日(月)深夜1時5分より放送となっている。