愛犬との海水浴での注意点

楽しいイベント盛りだくさんの夏がやってきました!
皆さんはワンちゃんを連れてどんな場所へ行かれますか?
きっと海水浴に行かれる方も多いと思いますが、愛犬と海へ行くときに注意しなくてはいけないことがいくつかあります。

犬禁止の海水浴場

実は、犬を連れていくことを禁止している海水浴場が結構あります。
2015年に行われたある調査によると、関東の海水浴場110か所の内、40%がペット同伴禁止になっているそうです。
散歩で通るだけでもダメな場所や、砂浜まで行けても海へ入ることは禁止している海水浴場もあります。

海では水着などで肌を露出している人がほとんどで、その中には犬が苦手な人やアレルギーの人もきっといることでしょう。
海水浴場へ愛犬と行く場合は、一度ホームページで確認してから行くようにしましょう。

守るべき最低限のマナー

リードは離さない

犬連れ可能な海水浴場へ行ったら、いつも以上に愛犬の行動には注意してあげましょう。
まず、他の人に迷惑をかけないように必ずリードは付けたままにして、どこかへ行かないようにします。
浮き輪やビーチボールなどのビニール製品は、ワンちゃんの爪で穴が空くことがあります。
そしてそれらが大好きなわんちゃんも多いかと思いますので、もし近くに来たら噛んだり引っ掻いたりしないように注意しましょう。

誤飲

砂浜には色々な物が落ちています。
誤って飲み込んでしまうこともあるので、砂浜を散歩するときは何か口に入れようとしていないか注意深く見てあげてください。

排泄物の処理

もちろん、排泄物の処理は必須です。
砂浜は裸足で歩く人がほとんどなので、おしっこをした場合は水をかけて砂をかぶせるなど、他の人が不快な思いをしないように心がけましょう。

熱に注意!

気温に注意

海水浴場は非常に暑く、砂浜には日陰がありません。
犬は人よりも地面に近いので、地面の熱をダイレクトにあびているといっても過言ではないでしょう。
そんな状況下にいるワンちゃんは、脱水症状や熱中症になる危険性があります。
連れていくとしたら、ビーチパラソルなどで日陰を作ることや、十分な水分補給ができるようにたくさんの飲み水を持っていくなど、十分な対策をしていきましょう。

肉球へのダメージ

真夏の砂浜を裸足で歩いたことがある人はわかると思いますが、ものすごく熱いです。
人でも歩けない熱い砂浜を、犬が歩いて何もないわけがありません。
肉球に水膨れができていないか、割れていないか、ケロイド上になっていないか、指と指の間に何か入っていないか、など確認してあげましょう。
犬が砂浜を熱いと感じたときは、いつもと違う行動をするはずです。
歩きたがらなかったり、座り込んでしまったりするので、サインを逃さないでください。

海水に注意!

皮膚への付着

全身が被毛に覆われている犬は、海水の塩分が多く付着します。
海水がついたままにしておくと、べたつきがひどくなり、皮膚炎になってしまうことがあります。
海水に愛犬が浸かったら、シャワーか自分で準備した水で洗い流してあげましょう。

海水を飲んでしまった

犬によっては、海水を飲んだことで下痢をしてしまう犬がいます。
体内への過剰な塩分摂取は有害なことなので、下痢をして排出することは悪いことではありませんが、下痢をした後の体調管理は必要です。
真水を多く取らせる、犬用のミルクを与える、肉のゆで汁を与えるなどして、水分を補給しつつ消化器官を洗浄するようにしましょう。

海水浴に行く前に考えて欲しいこと

愛犬との海水浴はよく考えてから

ワンちゃんを海水浴へ連れていくということは、犬に何かしらの負担をかけることになります。
暑い中で砂浜にいて、走りたいけど砂浜は熱い。
犬にとって海水浴が楽しいものになるのか、飼い主自身が愛犬の行動を全て管理することができるのか、よく考えてから連れていくべきか判断してください。

車に置き去りは絶対にダメ!

もし連れていくとしても、車に置き去りにすることだけは決してしないでください。
炎天下の中、車内に置いて行かれた犬は、蒸し風呂の中に置いて行かれたようなものです。
確実に熱中症になり、最悪の場合、命の危険があります。
実際に炎天下の中、置き去りにされて亡くなっている犬もいるのです。

最近のワンちゃんは室内で暮らす子がほとんどのため、昔よりもさらに暑さに弱くなっています。
少しの間だけという軽い気持ちが、後で後悔することになるので、絶対に置き去りにしてはいけません。

まとめ

夏になると海へ行きたくなりますよね。
そしてそこへ愛犬を連れて行けたらどんなに楽しいか…
しかし、愛犬はもしかしたらそれを望んでいないかもしれません。
海水浴へ連れていく前に、まずは愛犬を海へ連れていったときのことをシミュレーションしてみてください。
愛犬はきっと飼い主の行く場所どこへでも行きたがるはずです。
しかし、それが愛犬のためになるのか、愛犬が楽しめるのか、よく考えてから決断してください。