犬の全てが泳げるわけではない

犬って陸で生活する動物ですので泳げなくても良いのに上手に泳ぎます。
しかし全ての犬が泳ぎが得意なのかと言うとそうでもないのです。
一般的に言われているのは、幼犬時代から水に接触していた犬が泳げるそうです。
それは人間と同じで、水に親しむ機会が多ければ泳ぎが得意であり、そうでない犬は水を嫌う傾向にありますので、泳げないと言う事になります。

子犬時代から何度も水に入る事で自然と泳げるようになる

私の愛犬はスキッパーキと言う犬種で、【艀の番犬】と言われています。
飼い主が船の貨物作業から戻ると、岸壁から飛び込んで迎えたと言い伝えられています。
ですので、てっきり泳ぎが得意だと思い込んでいました。

数年前、ペットOKの自然の川をせき止めた管理釣り場に連れて行った時の事です。
釣りをする前に、ニジマスの掴み取りが出来る浅い場所で少し遊ばせようと思い、一応ライフジャケットを着用させ川に入ろうと試みました。
ところが愛犬は警戒して全く水に入ろうとしません。
怖がっている様には見えませんでしたが、クンクン匂いを嗅いだ後、川の水を飲み始めてしまいました!
喉が渇いていたのでしょうか?
下痢をしたら困りますので直ぐに止めさせて釣り場に行き、木の枝にリードを引っ掛けて私の好きな釣りを楽しんだのでした。
やはり水に慣れていないと艀の番犬と言えども泳げないのだと感じました。
しかし、犬は子犬時代から何度も水に入る事で自然と泳げるようになるそうです。

水を怖がらず泳ぎが得意になる犬種

犬は本能によって水を怖がらない犬種があります。
水に親しませれば泳ぎの名手になり長距離を泳ぐ犬もあるそうです。
そこで、泳ぎの名手になれる可能性の高い犬種ベスト10を紹介します。

第1位:ニューファンドランド

第2位:ポーチュギ-ズ・ウォーター・ドッグ

第3位:チェサピーク・ベイ・レトリーバー
第4位:ラブラドール・レトリーバー

第5位:ゴールデン・レトリーバー
第6位:スタンダード・プードル
第7位:スパニッシュ・ウォーター・ドッグ
第8位:ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー
第9位:アイリッシュ・ウォーター・スパニエル
第10位:イングリッシュ・セター

ベスト10には入っていませんが、ボーダーコリーも泳ぎが得意だそうです。
また、肉球に水かきが付いている犬種は水中作業を好むと言われています。

皆様の愛犬はこの中にいるでしょうか?

個体差に依るのですが、逆に水を嫌うと言われている犬種をリストアップします。
こちらの方は順不同で紹介します。

ダックスフンド、ビーグル、チワワ、マルチーズ、ポメラニアン、ミニチュアピンシャー、イタリアングレーハウンド、ウィペット、フレンチブルドッグ、ブルドッグ、パグなど

犬は犬かき以外でも泳ぐのか?

人間が泳ぐには泳法が幾つかありますが、犬も犬かき以外の泳法があるのでしょうか?

残念ながらありません。

人間は360度肩を回転できますが、犬の様な四足歩行する動物は人間の様に肩を360度回転できません。
ですから物理的に無理だと言う事になります。
まぁ良いではありませんか。
犬かきで遅い速度で泳ぐから可愛いのです。

まとめ

犬が泳ぐ泳がないは、どうやら子犬時代の経験にあるようです。
一般的に泳ぎが得意、不得意の犬種を紹介しましたが、得意だと言われている犬でも先天的に水を嫌う子もいれば、不得意と言われていても水を怖がらない子もいます。
現代の犬は野生の動物ではありませんので、何処まで本能を残しているのか疑問を感じています。
人間と生活を共にする様になってから段々と人間化され、野生の本能は大分薄れて来ている様に思えます。
この犬種は泳ぎが得意だからと言って、嫌がるのを無理に泳がせようとしない方が良いと思います。
泳ぐ泳がないは犬の自由です。
それよりも、愛犬と更に楽しく過ごせる様に考えて生活をして行く方が、お互いの幸せに繋がります。
それで良いのではないでしょうか?