1968年に販売をスタートしたホットウィールは、外観や中身を実車さながらに再現するありふれたミニカーとはひと味違い、とにかく見た目の派手さとカッコよさを追求し、デカールやエアロパーツなど見る者に衝撃を与える存在感を放っています。

そんなホットウィールが、レースゲームの王道中の王道であるプレイステーション用ドライビングシミュレーションゲーム「グランツーリスモ」シリーズとコラボレーションしました。

1

「グランツーリスモ」といえば、ホットウィールとは反対に、マシンの姿形からサウンドはもちろん、コースの路面状態や起伏まで、とことんリアルを追求しているのがポイント。

一見相反するコンセプトに見せますが、両者のコラボがもたらすのは「究極にリアルなカッコよさ」でしょう。マテル・インターナショナル株式会社は、それを追求した「HW グランツーリスモ アソート」を2016年7月初旬から順次発売しています。

今回販売される以下の8種類で、いずれも本物同様のデコレーションが施されています。価格は各400円で全国の取扱販売店およびオンラインストアで販売予定。

‘産・スカイライン

▲献礇ー・XJ220

フォード・GT LM

ぅ僖ーニ・ウアイラ

ゥ瀬奪検Ε丱ぅ僉

Ε▲好肇鵐沺璽船鵝One-77

Д薀鵐椒襯ーニ・ガヤルド

┘薀鵐椒襯ーニ・アヴェンタドール

※一部の車両については「グランツーリスモ」シリーズ収録車両と年式やモデルが異なります。

(今 総一郎)

人気ゲーム「グランツーリスモ」のマシンがミニカーになって登場!(http://clicccar.com/2016/07/18/384902/)