【不倫】やっぱりLINE? 探偵に聞いた、浮気夫のしっぽを捕まえるコツ

写真拡大

「何だか最近、夫の様子がおかしい。スマホをチラチラ気にして落ち着きがなくなった。もしかして……、不倫!?」なんて不安を抱いている奥様はいらっしゃいませんか?

「妻が女でなくなった」不倫・浮気の“言い訳”として一部で通用する理由

気のせいであってくれることを願いたいけれど、妻の勘はかなりの高確率で当たるもの。

ただし、確たる証拠もないのに問い詰めても、夫は素直に白状しないかもしれません。言い逃れができないよう、不倫のしっぽをつかめるといいですよね。

そこで今回は、数多くの悩める妻たちから寄せられるご相談に応え続けている、原一探偵事務所さんにお話を伺ってみました。

不倫のサインはLINEに表れる!

いま最も多い不倫発覚のきっかけは何でしょうか。

原一さん曰く、「浮気・不倫調査に関するお問い合わせの大半は、LINEがきっかけと言ってもいいくらいです」とのこと!!

理由はお分かりの通り、不倫相手と連絡をとり合う男女にとって、LINEが必須アプリとなっているから。

「LINEのせいでモヤモヤした疑いが確信へと変わり、それで探偵に問い合わせをするというケースが非常に多くなっています」だそうです。

普段の生活の中で、夫のLINEの使いかたやスマホの扱いかたをそれとな〜く見張っていれば、不倫を見破るチャンスがめぐってくる可能性は大ですね。

では、観察のポイントはどんなところにあるかを確認しておきましょう。

最も分かりやすいのは「ポップアップ通知」

まずは、「配偶者さまが疑念を持たれていることに気づいておらず、ガードが甘ければ、ポップアップ通知」に目をつけましょう」

LINEを初期設定のままで使っていると、メッセージが届いた際に表示されるポップアップ通知。画面を見ただけで、差出人の名前やメッセージの一部が分かるんですよね。

LINEもしくは浮気・不倫の上級者になると設定を変えてしまいますが、油断していじっていない人も結構いるみたい。

すべての女は女優です。ここは妻が演技力を発揮して、疑っているような素振りを見せず普段通り夫に接しながら、画面を覗く機会を伺ってみましょう。

しかし敵もしっぽをつかまれたくないでしょうから、LINEが妻の目にふれないようにと設定を変更する夫も増えていると思われます。隠すから余計怪しいんですけどね。

目の届く位置に夫のスマホがある時、こちらからLINEを送って表示方法を確認してみて。ポップアップ通知の設定がOFFになっているなら、断定はできないまでも「クロに近い」と言っていいのではないでしょうか。

チャンスはスマホの充電中に…

観察のタイミングについては、スマホの充電中なんかが狙い目。
「スマホの充電中に相手からのLINEメッセージが届いて、一瞬で中身が読み取れることもありますよ」

場合にもよりますが、充電している間ずっとスマホのそばにはりついているのは難しい人もいます。夫がその場を離れている時、置かれていたスマホの画面にポップアップ通知が現れ、おかげで不審なメッセージに気づくことも!

スマホの置きかたが不自然

「スマホを裏返しに置き、表示が見えないようにするのも怪しい兆候です」

見られることが発覚につながりますから、やましい事情を抱えている人ほど隠したがります。普段から裏返しにしてテーブルに置いていたり、充電中も液晶画面を下に向けていたりする夫は、要注意です。

さらに、予測変換もチェック

「予測変換で、怪しいフレーズが出てくることもあります」

不倫相手とLINEで頻繁にやりとりしていると、二人の間でよく使っている言葉が、予測変換で最初に表れるようになってきます。説明不要かもしれませんが、たとえば「あ」と打ったらその後に「愛してるよ」のような甘〜いセリフが出てくる、とか……。

近頃、そんな言葉が夫婦間で交わされなくなったな〜という場合、夫は他の女性に向かって愛を発信しているのかもしれません。

夫と一緒に、お店の名前や場所などでネット検索するふりをして、予測変換のところに出る文字をそれとなくチェックしてみてはいかがでしょうか。

LINEの禁断症状でバレることも?

これから来る夏休みの期間、原一さんへのお問い合わせの件数自体は、少し減る傾向にあるそうです。

「お子さんが家にいたり、お盆などで実家の家族との絡みもあったりするので、不倫相手との連絡はとりにくい状態になるのでしょう。勝手に出かけることも難しくなりますよね」

不倫も夏休みに入るのでしょうか。

ところが中には「家族旅行中に隠れてコソコソLINEや電話をしていたことが見つかって、不倫が分かるというケースもあります」というダメ夫も。

家族サービスの期間にそういう危険行為に走るなんてな〜…とも思いますが、会えない時間が気持ちを育てる、ということ……なのかな!?

また、LINEというのは中毒性があるので、一旦はまってしまった人は、スマホをチェックしないと落ち着かない気分になったりも。

不倫とSNS依存症の合併症!?
そんなところからしっぽを出す夫もいるようです。

機種変更からの不倫発覚も

家族と言えば、「iPhoneなどを機種変更して、古い機種を子どもに使用させているご家庭もありますよね」

防犯上の観点から、持たせていることがありますね。それと、今の子どもは、親から見たら「まだちょっと早いんじゃない?」というような年齢でも、友達づきあいのためにこういうデバイスを欲しがります。

新品を買い与えるよりは…と、“お下がり”を使ってもらう家庭も、あるんじゃないでしょうか。

「同期したままで情報が共有され、リアルタイムのやり取りが家族に見られてしまっていた、などということもありました!」

お父さん、大変!甚だ教育的じゃないメッセージが、子どもに見られちゃうかもよ。

そこまで筒抜けだと、言い逃れは難しそうです。旦那さんを泳がせておけば、探偵さんの出番もないくらいハッキリした証拠をつかめる可能性もありますね。

LINEの証拠能力は?

この他、モラルが問われる行為につき筆者はオススメしかねるものの、盗み見して履歴等をチェックすすれば、スマホは証拠の宝庫と言えるようです。

しかしながら、不倫相手とのLINEでのやりとりは、動かぬ証拠として突きつけることができるものでしょうか。

「2人で写っている画像や動画などがあれば、それは確実なものになります。
ただ、通常は、メッセージのやり取りのみで不貞の証拠として扱うことは難しいです。具体的な内容が書かれていたり、交換通数が大量にある場合は、有用性がありますが……」

常識的に考えれば、「愛してるよ」「一緒にいたい」「離れたくない」のような言葉を、好意がない相手に送るなんてあり得ないこと!

だから、「偶然見えちゃったけど、それどういうこと?」のように問いただせば、「もはやこれまで」と観念して不倫を認める夫がほとんどではありますが……。

失礼ながら性悪夫が相手だと、こういったLINEの文章に「実際関係を持ったことを証明する力があるか」を突かれた際、少々弱いところも。

LINEのやりとり自体が何か意味を持つというよりは、LINEによって夫の不倫を確信した上で、さらに探偵、興信所に相談するのがより安全だ、ということなのですね。

実際に探偵社に依頼すると、家計への影響も気になりますが、

「LINEにより、いつ、どこで会った、または会うというような情報を抑えることができるようになりました。会う場所や曜日、時間の特定がしやすくなったので、ピンポイントで調査をするということが多くなったような気がします。無駄を抑えた上で結果が出やすい調査ができますよ」

と、原一さんはお話してくれました。そうかそうか!調査費節約の裏技になるのですね。

最愛の夫に裏切られたと知った妻の胸の内には、強い怒りがわきあがることでしょう。でも、感情をそのまま夫にぶつけることが、解決につながるとは限りません。

それどころか、夫が逆ギレして始末に負えなくなったり、用心深くなって物的証拠を消したりなど、妻にとって望ましくない展開になる可能性だってあります。

深呼吸して冷静さを取り戻し、ベストな対処を。そのために、今回の情報が一つの参考になれば幸いです。