東京・大阪エリア40銭湯で同時開催!「夏休み!! ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2016」に行こう

写真拡大

気がつけば、あっという間に夏休み!

銭湯神ヨッピーが語る!見ると銭湯に行きたくなる最高の入浴法

宿題に遊びに習い事に忙しい子どもたちも多いと思いますが、「どこか連れてって〜」なんて声に頭を悩ますパパやママも多いかもしれません。

せっかくの夏休みですから、普段はできない経験をしてみてはいかがでしょうか。

2016年7月16日(土)〜9月4日(日)まで行われる「夏休み!! ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2016」をご紹介します。

「夏休み!! ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2016」とは

夏休みをテーマに、新たな夏の風物詩として、ガラスびん、地サイダーや地ラムネ、そして、銭湯を通じ、世代を超えて人々が交流する機会を提供するとともに、ガラスびんの普及の一環として行われているイベントで、今年で3回目を迎えます。今年は大阪エリアも加わり、東京、大阪の40の銭湯で同時開催します。

北は東北から南は沖縄まで、人気のガラスびん入りご当地の地サイダー&地ラムネ16種が勢ぞろい。お風呂上がりに飲めば、きっと至福のひと時に。


また、開催期間中、「ガラスびん入り地サイダー&地ラムネ」を1本ご購入ごとにスタンプを1個もらうことができ、スタンプ3個で限定王冠風コラボバッジ1セット(2個入り)がプレゼントされます。

コラボバッジは、ガラスびんの象徴ともいえる王冠をモチーフに「ガラスびん」、「地サイダー&地ラムネ」、「銭湯」や東京、大阪両組合の公認キャラクターがデザインされた全13種。

さまざまな地域の地サイダーや地ラムネの飲み比べするのも面白そうです。

どんな地サイダーや地ラムネを飲める?

今回の「夏休み!! ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2016」では、

例えば、こんなご当地サイダーやラムネを飲むことができます。

仁手古サイダー(秋田)

「水」にこだわり、「水」本来のうまさを引き出すため、柔らかな甘さと、まろやかな炭酸に仕上がっており、スッキリと爽やかで、口の中に優しく広がる甘さは、100年以上も守り継がれた伝統のサイダー。

富士山サイダー(静岡)

モンドセレクションにて最高金賞を受賞した名水「富士山萬年水」を使用したサイダー。のど越しはスッキリ爽やかな。静岡県を代表するご当地サイダー。

トンボラムネ(富山)

創業明治29年(1896年)、現存する最老舗がつくる、水のふるさと・富山の立山水系の水を使ったさわやかなで甘さ控えめなラムネ。

瀬戸内マスカットラムネ(広島)

岡山県の温暖な気候で丁寧に育ったマスカット果汁を1%使用したラムネ。飲むとマスカットの芳醇な香りが口いっぱいに。

パイナップルラムネ(沖縄)

国産パイナップルの生産量のほとんどを占める沖縄。その沖縄のサンサンと降り注ぐ日差しを浴びて育ったパイナップルを、富士山の天然水で仕立てたラムネ。


銭湯でいいお湯に入って、お風呂上りは、ラムネやサイダー。
それぞれ個性的なガラス瓶と中に入っているビー玉の清涼感が、夏にピッタリですね。

参加銭湯の詳細についてはこちらからご確認ください。

パパが小さい頃に飲んだラムネ、ママが好きだったサイダー。
子どもたちとグイッと1本いかがでしょうか。