お部屋は掃除しているのに、なんだか嫌な臭いが。排水まわりの下水のような臭いは気が滅入ってしまいますよね。特に暑さが厳しいと臭いが鼻につきませんか? 気になる排水まわりの臭い対策について調べてみました。

面倒臭がらずに汚れを残さないのが一番

台所などはゴミ受けを取ると排水口に蓋のようなものがしてあるワントラップという作りが多く、洗面台は排水口がそのまま管に繋がっているPトラップという作りになっています。どちらも、ゴミ受けやトラップまわりの汚れやヌメリが臭いのもとになっていることが多いので、ゴミや髪の毛を取ったあとに漂白剤をつけて除菌したり、泡タイプの洗浄剤や重曹でゴシゴシ洗ったりして汚れをしっかり取り除きましょう。ワントラップの場合、ゴミ受けの下に丸めたアルミホイルをいくつか入れておくと、ヌメリ防止になりますが、いれっぱなしはNG!やっぱりこまめに掃除するほうが清潔ですし気持ちがいいものです。

実は排水口からは臭いがしないようになっている

ドブのような臭いがすると排水口を疑う人が多いと思いますが、実は排水口の作りは臭いが外に漏れないようにトラップに水を溜めてシャットアウトする構造になっています。そのため下水の臭いが上がってくることは考えられません。しかし、長期間留守にした後や、長時間勢いよく水を流した後などは、トラップに水が溜まらず、臭いが外に漏れてくることがあります。まずは水を流してみることで臭いが解消されることもあるので覚えておきましょう。それでも臭いがする場合は、排水口と排水ホースの間に隙間が空いていたり、排水ホースがひび割れていることが考えられますから、専門家に見てもらってメンテナンスするのがベターです。
もちろんセルフで対策できるのであれば、ホームセンターでパテやテープを購入し、隙間を埋めたりして修理しましょう。男の人であれば意外に簡単にできちゃいます。それと、意外に忘れがちなのが、洗濯機の排水ホース。ここも汚れが溜まりやすく隙間が空いていて臭いが上がってきやすいので覚えておきましょう。


writer:しゃけごはん