Photo:Kastuhiro AOKI(C)R-STORE 2015
注:写真はBOOK AND BED TOKYO 池袋

写真拡大

 「泊まれる本屋」をコンセプトに、訪日外国人観光客や国内旅行者をターゲットとしたホステル「BOOK AND BED TOKYO」が2016年秋に京都にオープンすることが決定した。

 2015年11月に池袋にOPENした「BOOK AND BED TOKYO」は、東京の新しいカルチャーとして、「CNN」「The Huffington Post」「The Guardian」「The Independent」 にも取り上げられるなど、世界的にも注目が集まる話題のホステル。

 ふかふかのマットレスも無ければ、低反発の枕も無ければ、軽く暖かな羽毛の布団も無い。最高な環境での良い寝心地は、ここには存在しない。あるのは、“読書をしていたら(マンガでも可)いつの間にか夜中2時になっていて、もうあとちょっとだけってまぶたが重くてたまらない中も読み続けていたら、いつの間にか寝てしまった”というような、誰もが一度は経験したことがあるであろう、最高に幸せな「寝る瞬間」の体験。

 だから、コンセプトは泊まれる本屋なのだ。「映画を観てたらうっかり寝ちゃった」とか、「友達とLINEしてたら寝ちゃった」とか、とにかく「好きなことをしてたら、うっかり寝ちゃった」というのは、最高の「寝る瞬間」の体験ではないだろうか?

 そんな「寝る瞬間」という至福の体験を用意してくれる同施設。本好きの人は、幸せな体験をしにぜひ行ってみよう。

■「BOOK AND BED TOKYO」

オープン日:2016年秋

運営:R-STORE

内装デザイン:SUPPOSE DESIGN OFFICE

グラフィックデザイン:Soda design

※掲載内容は変更になる場合があります。